【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

工場直販・会社概要はこちら
遠山倶楽部はこちら

メインメニュー

猪肉まるごと一頭をご要望に合わせて販売します

豪快!ワイルド!究極の山肉

猪肉・まるごと1頭買い!

山肉料理(ジビエ)を取り入れたいレストラン、居酒屋などの飲食店さん、
学校祭でイベントをやりたい学生さん、
大勢で丸ごと焼き、塊焼きをやりたい幹事さん…・必見です!

 

猪丸ごと一頭を料理してみませんか?

イベントで丸ごと焼き、塊焼き、猪汁!
100人分の猪焼肉大会!
料理店での猪鍋や焼肉メニュー開発、
猪肉で地域おこし、元気企画!などなど

【カタロース×2ブロック】

1ブロック 15,000円〜20,000円 1.5kg〜2kg
【おすすめ】 焼き肉/猟師鍋
脂ののりが良く、焼肉に適していますが、鍋にするときは猟師鍋(じっくりコトコト煮込む)が良いでしょう。

【ロース×2ブロック】

1ブロック 15,000円〜30,000円 1.5kg〜3.5kg
【おすすめ】網焼き/すき焼き/ぼたん鍋
柔らかく、脂がのっているので、猪肉の中では高級な場所とされています。すき焼きやぼたん鍋(葉野菜と一緒にさっと煮る)など、じっくり煮込まない料理でも美味しく食べられます。

【ヒレ×2ブロック】

1ブロック 6,000円〜8,000円 0.3kg〜0.8kg
【おすすめ】 串焼き/ヒレカツ/網焼き
一頭から500グラム前後しかとれない貴重な場所です。やわらかいので豚肉のようにヒレカツなどにしても美味しいです。

【モモ×2ブロック】

1ブロック 15,000円〜40,000円 2.5kg〜7kg
【おすすめ】 焼肉/猟師鍋
猪のモモ肉は焼肉にもできますが、個体により、固い肉の場合は猟師鍋(じっくりコトコト煮込む)などが良いでしょう。

【バラ×2ブロック】

1ブロック  8,500円〜18,000円 1.5kg〜3kg
【おすすめ】猟師鍋
あばらの近くのバラ肉は脂がよく入っています。鍋にする場合は、猟師鍋(じっくりコトコト煮込む)が最適です。

【マエ×2ブロック】

1ブロック 13,000円〜40,000円 3kg〜8kg
【おすすめ】 猟師鍋/チャーシュー/メンチカツ/煮込み
マエ(前脚部分)は、固いことが多いので、挽肉にしてメンチカツにしたり、チャーシューなどにして長時間かけて柔らかくすると美味しいです。

まずはこちらからカートに入れてください、お見積もりします

猪肉まるごと一頭買いご購入はこちら

イノシシ肉・一頭まるごと買い(冷凍便/真空パック可/スライス可/ブロック可/下味付け可)

※山のものは個体差があるので金額も差が出ます。ご了承ください。
※カートの金額は20万円(目安)ですが、その時に入荷する個体の状態、脂ののり、パック方法や味付けなど、詳しくはご希望を伺った上でのお見積もりになります
※半身にしたり、モモなどのブロックに切り分けたりはもちろん、 ご希望があれば、猪の牙なども、一緒にお届けします。

<丸ごと一頭注文は鹿肉でも可能です。 お問い合せください>

 

ワイルドに食らう 遠山郷のジビエ

フランス語の「ジビエ」。日本語に訳せば「野生の鳥獣肉」。
フランスでは、野ウサギなどの野生肉を使ったジビエ料理が、
秋冬のメニューに登場します。
実は、日本にも伝統的に野生肉を扱う土地が土地があります。

ジビエ料理は日本にもある!

京都丹後地方は「古来の珍味」として猪肉を食し、
鳥取県美郷町では「山くじら」として猪肉が愛され、
秋田県阿仁町は「マタギ」の町として、熊の狩猟が盛んに行われてきました。

遠山じゃジビエとは言わん。山肉だ。

そして、古き山国文化が根付く「遠山郷」。
遠山郷は、昔から、野生の熊、鹿、猪、小動物が多く住み、
狩猟の文化、そして、野生動物の肉を食する文化が発展してきました。
(遠山郷ホームページ:猪解体レポート)
 
創業以来55年、当店は、信頼のできる猟師さんと契約をし、
常に質のいい肉を仕入れるよう心がけてきました。
現在は26組の猟師さんと契約していますが、
古くからの猟師さんは「ジビエ?!なんじゃそりゃ、山肉だろ」と言います。
「山肉(やまにく)」とは、野生の鳥獣肉のことを表す遠山郷の古い言葉です。

当店の山肉(ジビエ)は、
狩猟の野生肉を言います

当店は、山の恵みの肉として、
尊ばれてきた歴史を大切にしながらも、現代の感覚を取り入れて、
気楽に・気軽に・そして豪快に食べる山肉(ジビエ)を提供していきたいと思います。

 

まずはこちらからカートに入れてください、お見積もりします

猪肉まるごと一頭買いご購入はこちら

イノシシ肉・一頭まるごと買い(冷凍便/真空パック可/スライス可/ブロック可/下味付け可)

※山のものは個体差があるので金額も差が出ます。ご了承ください。
※カートの金額は20万円(目安)ですが、その時に入荷する個体の状態、脂ののり、パック方法や味付けなど、詳しくはご希望を伺った上でのお見積もりになります
※半身にしたり、モモなどのブロックに切り分けたりはもちろん、 ご希望があれば、猪の牙なども、一緒にお届けします。

<丸ごと一頭注文は鹿肉でも可能です。 お問い合せください>

猪肉の部位とそれぞれの平均価格

 
琉球チャイニーズTAMAさんのコメント
「遠山郷のジビエは臭みがほとんどなく、美味しく食べられます」
雑誌で紹介されました
料理研究家・冬木れいさん
つくって楽しい、食べておいしい『お取り寄せ』に掲載されました

(本文より)南アルプスの山麓・南信濃村(現在は飯田市南信濃)は山深く空高い、日本の美しい秘境そのままのところだ。
そこにはおいしい「猪鍋」が健在で、「スズキヤ」さんという素晴らしい猪肉を売ってくれるお店がある。(中略)
私のおすすめは、やはり「猪鍋」。合わせ味噌と強めのだしのスープで、猪肉、ゴボウ、大根、にんじん、白菜、きのこもどっさり一緒にぐつぐつ煮ていく鍋。
生姜汁も少々、参照をふっても、卵で食べてもいい。パワーみなぎる猪突猛進鍋だ。

週刊新潮「いのちの『食』訪問」

週刊新潮2000年5月から週刊新潮に、塩田丸男さんが、『いのちの「食」訪問』を連載されていました。
2002年10月に、スズキヤを訪問。遠山の猪肉は当然だ けど、我店がふさわしいかとも思いましたが、猟師さんと共に、貴重な時間を過ごせました。
塩田先生は、その時は79歳でしたが、 とてもオチャメな方。スズキヤのホームページが気に入って、取材を決めてくれたそうです。
詳しくは週刊新潮「いのちの食訪問」のページをご覧ください

 
信州日報の記事「山肉を遠山郷の文化に」
 

【お肉の業務用お問い合せ窓口はこちら】 美味しいお肉、珍しいお肉をお探しの業者様、料理店様、お気軽にご相談ください。ご希望に応じて、最適にカット、梱包して発送いたします。お見積もりもお気軽にどうぞ。

 

その他業務用卸しのご相談承ります

大口注文・業務用注文窓口でのご相談も承っております!
山肉はもちろん、当店取り扱いの味付けジンギスカンなどのご相談も承ります。
担当は当店代表 鈴木理と、振興課営業担当 樋口宗夫です。
飲食店様、イベントの幹事さんなど、みなさまのお手伝いができればと思います!
どうぞよろしくお願い致します。

★チャーシューを作りたいので、塊肉がほしい。
★カレーに向いている部位をカットして納入してほしい。
★イベントで丸ごと焼き、塊焼き、猪肉汁をやりたい。
★ジンギス丼をやりたいので1食分ずつ真空包装して納入してほしい
★山肉、珍しい肉のメニューづくりの相談に乗ってほしい…等など、

当店のベテランスタッフが、豊富な経験からアドバイス等含めて対応させてい

ただきます。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください!


   

すみちゃ

もっちゃ

めぐちゃ

じーまーくん

ロリちゃ
わたしたちが、山肉加工所の製造スタッフです。
スズキヤの3つの目標を念頭にがんばります!
@スマイル 笑う門には福来る
Aスクラム 人は城、人は石垣、人は掘、情けは味方、仇は敵なり
Bスタンダード 当たり前のことを当たり前に

みっちゃ

さっちゃ

なおちゃ

みーちゃ

みえちゃ

かまちゃ
産地直送の新鮮なお肉を、遠山郷の「山肉加工所」で、安全・衛生にきをつけて丁寧に加工・梱包・発送しています。ぜひスズキヤ自慢のお肉を味わってみてください。
 
肉のスズキヤと山肉加工所についてご案内します
肉のスズキヤ店舗と山肉加工所
スズキヤは和田宿の町並みの中心にあります。車がやっとすれ違えるほどの細い街道ですが、のんびり散歩すると、いろんな発見があります。近くにお越しの際はぜひスズキヤへお立ち寄りください。

精肉所

スズキヤのお肉は、山の中の山肉加工所にて加工されています。
遠山ジンギスは昔は遠山郷の山里で飼われていた山羊や羊を使って作られていましたが、現在はオーストラリアの信頼できる牧場主が育てた羊を使用しています。
そして信州遠山郷、南アルプスのふもとの山肉加工所にて製造。スズキヤの厳格な品質安全管理のもと、まじめな地元スタッフが清潔な工場内で独自製法のたれをしみこませて、真空パックにして、クール便にて直接出荷しています。

こんな工場でまごころこめて
作られています

肉のスズキヤ動画サイトでは、工場見学などを紹介していきます。どんな工場で作られているかをご覧ください
肉のスズキヤ動画サイト
肉のスズキヤは遠山郷にあるお肉屋さんです 
山の自然と、遠山の衆の人情豊かな暮らしに根付いた場所に創業して50年の肉屋です。
遠山ジンギスの他に、猪・熊・鹿などの野生肉や特殊な肉とされているヤギや羊の肉は、くせがあって食べにくい…が、一般的なイメージです。
それを「美味しくて個性的でやみつきになるお肉」として「信州の山の肉」を提供しています。
 
 

週刊新潮「いのちの『食』訪問」

週刊新潮2000年5月から週刊新潮に、塩田丸男さんが、『いのちの「食」訪問』を連載されていました。
2002年10月に、スズキヤを訪問。遠山の猪肉は当然だ けど、我店がふさわしいかとも思いましたが、猟師さんと共に、貴重な時間を過ごせました。
塩田先生は、その時は79歳でしたが、 とてもオチャメな方。スズキヤのホームページが気に入って、取材を決めてくれたそうです。
詳しくは週刊新潮「いのちの食訪問」のページをご覧ください

 

ジャパーン47chに取材されました
長野県飯田市日本一急な斜面に集落がある町

http://www.mbs.jp/japan47/backno/110601.shtml

【お肉の業務用お問い合せ窓口はこちら】 美味しいお肉、珍しいお肉をお探しの業者様、料理店様、お気軽にご相談ください。ご希望に応じて、最適にカット、梱包して発送いたします。お見積もりもお気軽にどうぞ。

<遠山ジンギス・姉妹品の紹介>

遠山ジンギスハイグレード定番 3パック


遠山ぶたじん 国産タイプ


遠山ジンギススタンダード銀印


遠山ジンギス 1kgパック


おひとり様サイズ よりどりセット


遠山ジンギス ハイグレード 定番

 

ラムのジンギス(やわらかラムのジンギスカン)

 

遠山ぶたじん 定番タイプ1ケース(335g×32パック)

 

遠山ジンギススタンダード銀印 3パック

 

遠山とりじん 国産タイプ1ケース(300g×32パック)

 

遠山ぶたじん 定番タイプ


遠山とりじん 定番タイプ

 

 

 

      サイトマップから探す