【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

工場直販・会社概要はこちら
遠山倶楽部はこちら

メインメニュー

【やわらかチキンスタミナ唐揚げ】下ごしらえ、漬けこみ時間も不要です
みんなが大好き!日本の国民食・唐揚げ!秘伝のタレで味付けしました!

山の肉屋のスタミナ唐揚げ!!

秘伝・熟成生味噌ダレに漬け、
揉み込んだ新鮮な若鶏を、 片栗粉でまぶして、揚げるだけ!
生ニンニクと、濃い目のタレが元気の素!
信州生味噌が隠し味。唐辛子も味のアクセント!

そこで、山の肉屋ならではの見解で、作ってしまいました!

温泉卵をのっけて スタミナ度さらにアップ!
 
鶏のスタミナ漬け(商品名:遠山とりじん)唐揚げサイズ:唐揚げ用にカットしてあります。
冷蔵庫に常備しておくと重宝します。
とりじん 唐揚げサイズ
遠山とりじん 定番タイプ 骨付とりじん
唐揚げにちょうど良いサイズにカットし、特製ダレの下味付き。片栗粉をつけて揚げるだけです!厚切りなのでやわらかジューシー!
1パック370g 680円
やわらかい若鶏に、スズキヤ特製のたれを揉み込みました。そのまま焼くだけ!いろんな料理に大活躍。
1パック420g 650円
骨付きの鶏肉をスズキヤ秘伝のジンギスのタレで揉み込みました。下味付なので、じっくり焼くだけで、美味しい骨付きとりじんを簡単調理!。
1パック 6〜7本入り 550円
購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら
 
スズキヤがあるのは、飯田市南信濃地区(遠山郷)。
総面積の96.7%が山や林や森なので、昔から林業、山の仕事が盛んでした。
山の仕事は、とにかく力仕事です。
そんな山の衆が、一日の疲れを癒し、明日への活力につながるように、
好んで食べたのが、遠山流スタミナ漬けです。
山で働く衆に育てられた味を、 毎日、一生懸命働く皆様へもお届けします!

鶏肉はやわらかくて、脂質が少ないので、非常に消化が良いお肉です。
疲れすぎた体にもやさしく効くお肉。小さなお子さんや、高齢者にもおすすめです。
豊富なビタミンAがあり、皮膚や粘膜を丈夫にし、目の疲れを癒したするとも言われます。

新鮮な若鶏を使用!焼くだけ、簡単!
味の濃厚なモモ肉、あっさりやわらかいムネ肉をバランスよく、ミックス。
揉みダレ製法で仕上げてありますので、お肉に味が十分沁み込んでいます。
スタミナ味の特製ダレを揉み込んであるので
下味ばっちり!

片栗粉をまぶして揚げるだけ!簡単です!!


 

唐揚げサイズ、定番タイプ、骨付きの3タイプからお選びください
とりじん 唐揚げサイズ
遠山とりじん 定番タイプ 骨付とりじん
唐揚げにちょうど良いサイズにカットし、特製ダレの下味付き。片栗粉をつけて揚げるだけです!厚切りなのでやわらかジューシー!
1パック370g 680円
やわらかい若鶏に、スズキヤ特製のたれを揉み込みました。そのまま焼くだけ!いろんな料理に大活躍。
1パック420g 650円
骨付きの鶏肉をスズキヤ秘伝のジンギスのタレで揉み込みました。下味付なので、じっくり焼くだけで、美味しい骨付きとりじんを簡単調理!。
1パック 6〜7本入り 550円
購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら
 
やわらかチキンのスタミナ唐揚げの作り方

下味がついて焦げやすいので2度揚げがオススメです

(1)遠山とりじんは冷凍パックで届きます。保存する場合はそのまま冷凍庫へ
(2)調理する直前に流水につければ1〜5分で解凍!新鮮な味付けチキンが食べられます。
(3)特製ダレに漬け込んでありますので、汁ごとボールへあけます。

(2) 片栗粉をふりかけまぶします
左がとりじん唐揚げサイズ、右が定番とりじんです。定番サイズのとりじんは小さく切ってあるのですぐに火が通ります。揚げすぎないように気をつけて下さい。唐揚げサイズは大きめなので、中まで火を通すために二度揚げがオススメです。
(4) 中弱火でじっくりと揚げ、色が軽くついてきたくらいでいったんあげます。(この時点では外側はうっすら色がついて、お肉もやわらかくじくっとした感じになっています)
(5)そのままキッチンペーパーの上で2分ほど余熱で中まで加熱します。
(6)最後に油を強火で熱くして、一瞬揚げれば、からっと唐揚げができます。
箸でつまんでみて、外側がからっと固くなっていたらとりあげてください。

レタスと相性ばっちり!やわらかチキン唐揚げのスタミナ丼

ご飯にレタス(またはサラダ菜・千切りキャベツなど)をのせて、揚げたての唐揚げをのせます。
野菜がしんなりします。
真ん中をあけておいて、温泉卵をそっと落とします。
温泉たまごにだし醤油をちょっとたらして、混ぜながらスタミナ丼のできあがり!
スズキヤの遠山とりじんシリーズは、一番オーソドックスな「定番タイプ」から、国産のこだわり若鶏のみを使用した「国産タイプ」、餌や飼育環境にこだわった美味しい鶏肉を使用した「こだわりタイプ」、唐揚げにちょうどいい大きさにカットした「唐揚げサイズ」、骨付き鶏肉にスズキヤ特製タレを揉み込みした「骨付きとりじん」、一人暮らしやお試し用に「お一人様サイズ」など、いろんな種類の遠山とりじんを用意しています。
いろんなとりじんシリーズを試してみたい方はこちらのカテゴリ一覧から、お選びください。
お客様からいただいたとりじんレシピ集

たくさんの美味しいレシピをお寄せいただきありがとうございます。
まだまだ美味しい、とりじんレシピお弁当に、おつまみに、夕食メニューに大活躍!

>遠山倶楽部では他にも美味しいレシピや我が家の食べ方がたくさん投稿されています。あなたのお家の美味しい食べ方もぜひ投稿おまちしています。

とりじんの東南アジア風炒飯

(投稿:おちゃ様)
さて、とりじんの味つけの甘みが、インドネシアの焼鳥「サテ」にも
少し似ているかと思って、それを利用したアジア風炒飯です。

1.とりじんを細かく切り、まずはそれだけで炒めます。とりじんの甘い
タレの風味をそのまま残すためです。そして炒め終わったら、それを
取り出しておきます。
2.次にムキエビと冷凍食品のお手軽ミックス・ベジタブルをナンプラー
でしっかり味つけて炒めます。さらにみじん切りした香菜を入れて軽く
炒めます。そしてそれを取り出します。
3.サラダ油でニンニクと鷹の爪を熱して、そこに具を全部戻し、さらにタイ米の炊いたものを加え、ナンプラー少々と黒コショウを加え、サッと炒めたら終わりです。
ナンプラーや香菜やタイ米やニンニクが漂うアジアな香りに、とりじんの甘みがマッチしますよ。鷹の爪もピリッと効きます。とりじんの分量をもっと増やしても、良かったと思います。

とりじんで作るユー・リン・チー(油淋鶏)

(投稿者:おちゃ様)
ご存じとりじんを片栗粉ちょっとつけて唐揚。簡単簡単。
あとはソースをかけるだけ。ソースは…
●長ネギみじん切り少々
●醤油・酢・ラー油ほぼ等量(好みで調整)
●砂糖ちょっとだけ
餃子のタレに似ている。
簡単な辛いつまみレシピ本を利用し、かつとりじんを使い下味つけの作業なしで下味の濃い唐揚を完成。
タレは酢が効いて、かつ唐辛子も効く。
とりじんに浸みこむ秘伝タレともケンカせず、なかなか行けましたよ。
最初の画像でネギ以外にかかっている黒い細かいものは、「具入りラー油」の具です。

高速調理♪ とりじんの中華風甘辛炒め

(投稿者:おちゃ様)
とりじん中華風甘辛炒め。
ではさっそくレシピ。
1.とりじん(1袋)を片栗粉でからあげする。
2.長ネギ2本を適当に切る。
3.パプリカ2個を適当に切る。
4.中華風鶏ガラスープの素、塩、コショウ、オイスターソース、砂糖、酒、みりん、唐辛子を適度に混ぜあわせる。
5.最後に1.2.3.を強火でササッと炒め、そこに4.とカシューナッツを入れサササッとやれば出来上がり。
からあげの衣に4.の味が浸みこみます。ごはんもビールもすすみます。

とりじんの焼き鳥

(投稿者:momo様)
とりじんを串に刺して、炭火で網焼きしました。
タレがついているのでそのまま焼くだけ!
薄切りになっているので折りたたみながら串に通すのがコツです。ネギと一緒に焼いても美味しかったです。

とりじんの焼き鳥丼

(投稿者:ほたる様)
とりじんをフライパンでさっと焼いて、あつあつご飯の上に千切りキャベツ、あつあつ焼きとりじんを載せたら簡単な焼き鳥丼ランチです。汁がもうちょっと欲しいときはドレッシングか、マヨネーズ+ポン酢をかけても美味しいです。

とりじんの野菜炒め

(投稿者:おちゃ様)
忙しかった今日は、簡単に調理して晩飯をガッツリ食べる。 とりじん + 野菜。
野菜はニラ、モヤシ、キャベツ。
野菜をかなり加えたので、その分だけ塩コショウ少々を補う。 それだけ。 ご飯とおかず。胃袋は満足。 ごちそうさまでした。

とりじんスチーマー蒸し

我が家で大活躍のシリコンスチーマー。 スズキヤの丑の日特売のときにも販売してみたら、 完売しました。
ブロッコリーと玉ねぎ(坊の好物)と、 とりじんをよく蒸します。 ちょっとばらけてのせるのがコツですかね。
焼く時よりふっくらするので、 子どもとかお年寄りには、やわらかくていいですに。
(by肉屋の女房)

とりじんでカリカリ・トロトロの中華丼

(投稿者:おちゃ様)

材料は何でもいいでしょうが、ポイントは食感が楽しいことと、スプーンですくってごはんと一緒に食べるので小さめに切ることくらいでしょうか。今回のレシピは、大人二人分で以下の通り。

●どんこ3個 ●きくらげ少々 ●ニンジン小半分 ●ハクサイの葉1枚 ●えのきパック半分 ●とりじんパック半分
●オイスター・ソース大さじ2杯
●鶏ガラスープの素(スープ400cc分)
●コショウ少々●片栗粉

1.どんこときくらげを水で戻し、細く切る。どんこの戻し汁は捨てない。
2.ニンジン、ハクサイ、えのきはごはんと一緒にすくって食べやすいよう、小さめに切る。
3.とりじんのパックを開け、半分を使う。小さいのはそのまま、大きいのは小さめに切り、片栗粉をつけ、揚げておく。
4.中華鍋で野菜類を全部炒める。
5.どんこの戻し汁400ccに、それに対応した鶏ガラスープの素を入れ、オイスター・ソースを大さじ2杯加え、コショウを多少入れて溶かし込み、4.に注ぎ、弱く煮立てる。
6.片栗粉を水で溶いて、5.に入れてとろみをつける。
7.丼にごはんを入れ、とりじんの唐揚を置き、上から6.をかけたら出来上がり。

カリカリのとりじんの唐揚にトロトロのあんが絡み、そのカリカリ・トロトロ感がたまりません。カリカリは時間の経過とともに、サクサクになり、やがて衣に味がしみこみグニャッとなり、おいしいこと。

とりじんと高菜のチャーハン

(投稿者:HS様)

先日掲示板でとりじんのチャーハンを見かけてうちでもやってみました。
先に鶏ジンを細かく刻んで炒め、ご飯とお漬け物を細かくきざんでいためました。チリジャコや梅肉も少々で和風味です。
鶏肉自体に味がついてるので、高菜の味だけでほとんど調味料なしでもいけました。とても美味しかったです。

とりじんの親子丼

(投稿者:kazumama様)
鶏ジンを使った親子丼を作りました。
鍋に汁を煮立てて、細かく切ったとりじんと、にんじん、タマネギ、こんにゃく、小松菜、かまぼこを煮ます。
最後に卵を落としてできあがり!

とりじんのから揚げ

(投稿者:おちゃ様)

とりじんのから揚げです。
とりじんの味つけがから揚げの下味としては最高ですね。
ちょうど、いい感じでした。片栗粉で揚げました。

とりじんのから揚げ

(投稿者:S坊ママ様)
と栄養満点に食べれるよう、 チーズとネギをかけてみました。
全部フライパンで炒めてもいいですが、 今回は、とりじんだけ八分目くらい炒めておいて、 チーズとネギをのっけてから、 レンジでチンしました。
お肉がふわっとやわらかくなったので、 子どもや、歯の弱いお年寄りにはいいかもです。
子どもも、チーズやネギと一緒に、 がっつり食べました。

夏野菜ととりじんの炒め物

(投稿者:kobouzu様)
とりじんに、夏野菜を合わせただけ。 とりじんの調味料だけで、野菜には、味付け無し。 味を付けるとしたら、野菜だけ、塩、カレー粉なんて、良さそうです。
たくさんの美味しいレシピの投稿ありがとうございました。皆さんも遠山倶楽部に美味しい食べ方の写真を投稿してみませんか?こちらでお待ちしています。
 
とりじん 唐揚げサイズ
遠山とりじん 定番タイプ 骨付とりじん
唐揚げにちょうど良いサイズにカットし、特製ダレの下味付き。片栗粉をつけて揚げるだけです!厚切りなのでやわらかジューシー!
1パック370g 680円
やわらかい若鶏に、スズキヤ特製のたれを揉み込みました。そのまま焼くだけ!いろんな料理に大活躍。
1パック420g 650円
骨付きの鶏肉をスズキヤ秘伝のジンギスのタレで揉み込みました。下味付なので、じっくり焼くだけで、美味しい骨付きとりじんを簡単調理!。
1パック 6〜7本入り 550円
購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら
 

唐揚げ愛好家・スズキヤの若旦那からの耳寄りな話

今、密かに唐揚げブーム?!

日本唐揚協会には1万人のカラアゲニストが登録

みんなが大好きな唐揚げ。
家庭の味でもあるんですが、その土地土地でいろんな唐揚げの味があります。
オラも、大好きで、昔から、あっちこっちの店、あっちこっちの土地の唐揚げを食べ歩いてきました。
地元信州の松本には「山賊焼き」(山賊は取り上げる(鶏揚げる))っていうのもありますし。
本郷鶏肉 http://www.hongo-keiniku.co.jp/

大分県の物産展に行ったときには、
名物の「とり天」(天ぷらごろもをつけてサクッと揚げたもの)の味も楽しみましたが、
福沢諭吉の生まれ故郷でもある「中津」と言うまち全体が
「唐揚げのまち」になってて、ビックらこきました。
聖地中津からあげの会 http://seichi-nakatsukaraage.com/

そのころから、どうやら、ブームらしきものは始まっていた感じがします。
盛り上がっているので、あっちの味、こっちの味、と食べ歩くのも楽しいと思いますよ!

オラ自身は、よそで食べる唐揚げ、もちろん美味しいんですが、
やっぱり、自分の味=ソウルフード「スタミナ唐揚げ」が懐かしくなります。

「スタミナ唐揚げ」が、
みなさまのソウルフード唐揚げになれますように!

 

【お肉の業務用お問い合せ窓口はこちら】 美味しいお肉、珍しいお肉をお探しの業者様、料理店様、お気軽にご相談ください。ご希望に応じて、最適にカット、梱包して発送いたします。お見積もりもお気軽にどうぞ。

肉のスズキヤ店主

肉のスズキヤ店主です

信州の南端「遠山郷」は、南アルプスの麓の自然豊かな場所です。
「肉のスズキヤ」は2007年に創業50年を迎え、今は2代目となる店主と従業員が一丸となって、伝統の味を守りつつ新しい商品を生み出しています。
この豊かな自然の中から、遠山郷の味「遠山ジンギス」など当店自慢の商品や美味しいお肉・珍しいお肉を、山の暮らしに密着した食文化と共に届けします。

(二代目/鈴木理) 店主プロフィールはこちら
創業50年の伝統・信頼の味を守ってきました。タレは店主しか作らず、四季の気候に合わせて少しずつ変えています

遠山郷の信頼おける契約猟師さん

信州遠山郷の信頼できる猟師さんと契約し、扱っている山肉はすべて狩猟肉です。山のものはみんな動いています。毎年安定した数の獣が獲れることはないし、美味しい時期も限られています。
肉の味は、撃ち取った直後の獣を猟師がいかに手際よく処理できるかによって、大きく左右されます。血抜きや内臓の処理ばかりでなく、獣の身体を上手に冷やすことも。
そしてスズキヤでは運び込まれた獣を衛生的に迅速に処理して冷凍。工場からの直送でお宅までお届けします。

 
山肉の美味しい食べ方
山肉を美味しく食べていただくために、山肉代表のおらがご案内いたします。
他にもこんな食べ方が
お肉はクール冷凍宅急便でお届けします。
すぐに召し上がらないときはそのまま冷凍庫へお願いします。
上手な解凍のしかた

解凍するときは、冷蔵庫内か室温で。
半解凍くらいで調理してください。
急いでいるときは、真空パックで中に水が入る心配の無い物は流水で5分程度、そうでなければ扇風機で風をあてると早く解けます。
電子レンジについてはお使いの電子レンジの取扱説明書に従ってください。

一度解凍したお肉を再冷凍すると風味が悪くなるので気をつけて下さい。

 
雑誌で紹介されました
料理研究家・冬木れいさん
つくって楽しい、食べておいしい『お取り寄せ』に掲載されました

(本文より)南アルプスの山麓・南信濃村(現在は飯田市南信濃)は山深く空高い、日本の美しい秘境そのままのところだ。
そこにはおいしい「猪鍋」が健在で、「スズキヤ」さんという素晴らしい猪肉を売ってくれるお店がある。(中略)
私のおすすめは、やはり「猪鍋」。合わせ味噌と強めのだしのスープで、猪肉、ゴボウ、大根、にんじん、白菜、きのこもどっさり一緒にぐつぐつ煮ていく鍋。
生姜汁も少々、参照をふっても、卵で食べてもいい。パワーみなぎる猪突猛進鍋だ。

週刊新潮「いのちの『食』訪問」

週刊新潮2000年5月から週刊新潮に、塩田丸男さんが、『いのちの「食」訪問』を連載されていました。
2002年10月に、スズキヤを訪問。遠山の猪肉は当然だ けど、我店がふさわしいかとも思いましたが、猟師さんと共に、貴重な時間を過ごせました。
塩田先生は、その時は79歳でしたが、 とてもオチャメな方。スズキヤのホームページが気に入って、取材を決めてくれたそうです。
詳しくは週刊新潮「いのちの食訪問」のページをご覧ください

 
信州日報の記事「山肉を遠山郷の文化に」
山里に住む人は、自然の厳しさや獣たちとの戦いの中で負けないように元気に暮らしています。山肉を美味しくいただくことは、そんな山里に住むむらびとたちへの応援になります。
人が上手に自然や動物と共存していけるように、日本のふるさとの味を美味しく楽しんでください。

【お肉の業務用お問い合せ窓口はこちら】 美味しいお肉、珍しいお肉をお探しの業者様、料理店様、お気軽にご相談ください。ご希望に応じて、最適にカット、梱包して発送いたします。お見積もりもお気軽にどうぞ。

肉のスズキヤと山肉加工所についてご案内します
肉のスズキヤ店舗と山肉加工所
スズキヤは和田宿の町並みの中心にあります。車がやっとすれ違えるほどの細い街道ですが、のんびり散歩すると、いろんな発見があります。近くにお越しの際はぜひスズキヤへお立ち寄りください。

精肉所

スズキヤのお肉は、山の中の山肉加工所にて加工されています。
遠山ジンギスは昔は遠山郷の山里で飼われていた山羊や羊を使って作られていましたが、現在はオーストラリアの信頼できる牧場主が育てた羊を使用しています。
そして信州遠山郷、南アルプスのふもとの山肉加工所にて製造。スズキヤの厳格な品質安全管理のもと、まじめな地元スタッフが清潔な工場内で独自製法のたれをしみこませて、真空パックにして、クール便にて直接出荷しています。

こんな工場でまごころこめて
作られています

肉のスズキヤ動画サイトでは、工場見学などを紹介していきます。どんな工場で作られているかをご覧ください
肉のスズキヤ動画サイト
肉のスズキヤは遠山郷にあるお肉屋さんです 
山の自然と、遠山の衆の人情豊かな暮らしに根付いた場所に創業して50年の肉屋です。
遠山ジンギスの他に、猪・熊・鹿などの野生肉や特殊な肉とされているヤギや羊の肉は、くせがあって食べにくい…が、一般的なイメージです。
それを「美味しくて個性的でやみつきになるお肉」として「信州の山の肉」を提供しています。
 
 
とりじん 唐揚げサイズ
遠山とりじん 定番タイプ 骨付とりじん
唐揚げにちょうど良いサイズにカットし、特製ダレの下味付き。片栗粉をつけて揚げるだけです!厚切りなのでやわらかジューシー!
1パック370g 680円
やわらかい若鶏に、スズキヤ特製のたれを揉み込みました。そのまま焼くだけ!いろんな料理に大活躍。
1パック420g 650円
骨付きの鶏肉をスズキヤ秘伝のジンギスのタレで揉み込みました。下味付なので、じっくり焼くだけで、美味しい骨付きとりじんを簡単調理!。
1パック 6〜7本入り 550円
購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら

 

【お肉の業務用お問い合せ窓口はこちら】 美味しいお肉、珍しいお肉をお探しの業者様、料理店様、お気軽にご相談ください。ご希望に応じて、最適にカット、梱包して発送いたします。お見積もりもお気軽にどうぞ。

<遠山ジンギス・姉妹品の紹介>

遠山ジンギスハイグレード定番 3パック


遠山ぶたじん 国産タイプ


遠山ジンギススタンダード銀印


遠山ジンギス 1kgパック


おひとり様サイズ よりどりセット


遠山ジンギス ハイグレード 定番

 

ラムのジンギス(やわらかラムのジンギスカン)

 

遠山ぶたじん 定番タイプ1ケース(335g×32パック)

 

遠山ジンギススタンダード銀印 3パック

 

遠山とりじん 国産タイプ1ケース(300g×32パック)

 

遠山ぶたじん 定番タイプ


遠山とりじん 定番タイプ

 

 

 

      サイトマップから探す