【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

工場直販・会社概要はこちら
遠山倶楽部はこちら

メインメニュー

ホルモン好きに愛されて40年のロングセラー【モツ煮にモツ焼き】
野趣あふれる山肉鍋
 

南信州は、ホルモン王国。
馬腸の味噌煮のオタグリの応用で、
豚ホルモンを煮ながら味付けする方法のやわらかい味付けホルモンが、
そのころから(約40年くらい前から)主流だったため、


あえて、歯ごたえの残るようにボイルした後、

生ホルモンの「とんちゃん」に対して、
「味付けボイルモツ」という名前で売り出しました。


その後、テムチンに改名。
モンゴルの大王チンギスハーン(ジンギスカン)は、
子どもの頃「鉄人」(テムチン、テムジン)と呼ばれていたので、
ジンギスカンに次ぐ、ヒットを願って命名しました。

テムチンの購入はこちら
 
テムチンで作る豚のモツ鍋
(1)テムチンは冷凍パックになっているので、保存する場合はそのまま冷凍庫へ。
(2)食べるときは水道水の流水で5分で解凍してください。豚モツがそのまま調理できます。
3)先に野菜類を煮ておきます。(大根、ゴボウ、長ネギ、こんにゃく、キノコなどお好みで)
(4)そこへ解凍したテムチンをそのまま入れます。下ゆでしてありますので、面倒な下処理は不要です。
(5)アクをとりながらじっくり煮込みます
(歯ごたえが残るようにボイルしていますので、やわらかく煮たい場合は圧力鍋など使うと柔らかくなります。)
(6)今回は、「味噌鍋の元」を入れて簡単に味付けしました。
手作りする場合は、味噌、醤油、だしの素、みりん、砂糖で少し甘めに味付けします。
(7)最後にニラを入れてできあがり!
(8)仕上げはうどんが美味しいです。 ★歯ごたえが残るようにボイルしていますので、やわらかく煮たい場合は圧力鍋など使うと柔らかくなります。
★鉄板で焼いて焼肉のたれで食べればもつ焼きが
★少なめの汁プラス味噌味でじっかり煮詰めれば、モツ煮ができます。
 
《テムチンのパッケージ秘話》

トヨタの名車 ランドクルーザー40シリーズに乗った
ブタ君のイラストが目印のテムチン。


(大女将と姉。姉が連れてきた青年は
「娘さんをください」と…・)

このイラストは、現社長若旦那の姉が結婚した記念に作ったものです。
社長のお姉さんは、スズキヤ創業の年に生まれました。

鈴木屋の歴史とともにお姉さんの成長があったわけです。

そのお姉さんは、進学とともに東京へ。そのまま都会に就職。
年頃になって、ある日、
黄色のランクル40シリーズを運転する青年とともに、
まだ、道路事情が悪く、舗装されてない山道を
遠山郷へやってきました。

その都会の青年の目的はひとつ。
「御嬢さんを嫁さんにください!!!」
紆余曲折を経て、二人はゴールイン。
そんな二人の結婚を祝して、作ったのが、 ランクルに乗ったブタ君のイラストでした。
その後も、二人に子どもが生まれた時、 子どもを連れて、遠山郷に来る時…・ 幸せな瞬間の傍らに いつも幸せの黄色いランクルがありました。


(子どもが生まれて…)


(大女将と姉。姉が連れてきた青年は「娘さんをください」と…・)

それ以来、このイラストは、
「幸せの黄色いランクル」と呼ばれて
今日に至っております。

 


(2台目もランクル⇒)


現在の二人。アウトドアが好きな夫婦です。
テムチンの購入はこちら
 

ランドクルーザーの始まりは1951年とのこと。
軍用を意識したデザインとしながらも、 信頼性 耐久性 走破性をコンセプトに掲げた本格4WD。
55年にはフルモデルチェンジ。
その後、60年にタフさと品格を併せ持つ40シリーズに進化。
大地を縦横無尽に走る性能を定着させました。

ランクルのブランドを確立させたとする所以です。
24年もの長きにわたり生産され、 「ヨンマル」の愛称で親しまれました。

偶然にも、1960年生まれの現社長。
多くの方に愛され続けているヨンマル、 そして、姉に幸せを運んできたヨンマル、 ということからも、
わが社にとってもテムチンは大切な商品となっています。
このテムチン、ランクル好きの方にとっては、 知られた商品らしく、 お仲間でランクルに乗ってドライブがてら
遠路はるばる買いにきてくださったり、 仲間内のイベントで使って下さったりしています。

ランクルマガジンのホームページ http://www.kapisama.co.jp/index.php
ランクル好きの方のホームぺージ(テムチン買って下さってます!)
http://blogs.yahoo.co.jp/golden_eight/22106400.html
http://tomatima.karamatu.com/landcruiser/gallery/15thcolleme/15thcolleme.htm

http://blogs.yahoo.co.jp/kobachiki/902281.html

 
あの「とりもつジンギス」が、ランクルに乗ってリメイク発売<近日中>!
モツ好きの方の根強い人気「とりもつジンギス」
鶏のレバーやハツ、砂肝、鶏皮などが特製ダレに漬け込んであり、そのまま焼くだけ、煮るだけで簡単に「とりもつ鍋」や「もつ焼き」が楽しめると評判です。
とりもつジンギスの購入はこちら
 
バイク好きの方にも人気の遠山郷
急カーブの連続、狭い道幅…・国道ならぬ酷道と呼ばれる「R152号線」ですが、山岳の雄大な景色を眺める峠走行が楽しめると、ツーリング好きの皆さんにも人気の遠山郷です。
国道152号線は、現在、下伊那郡大鹿村と飯田市上村の境にある「地蔵峠」と、静岡県境の「青崩峠」の2カ所に、車両通行止めや迂回の区間があり、車にはつらい道のりもライダーには人気です。
そんなバイク好きの皆さんは、スズキヤでお肉を買って、キャンプ場で焼肉を楽しんでいただく方が多いです。
ツーリングの思い出にぜひ美味しい焼き肉を楽しんでくださいね。
 
 
肉のスズキヤと山肉加工所についてご案内します
肉のスズキヤ店舗と山肉加工所
スズキヤは和田宿の町並みの中心にあります。車がやっとすれ違えるほどの細い街道ですが、のんびり散歩すると、いろんな発見があります。近くにお越しの際はぜひスズキヤへお立ち寄りください。

精肉所

スズキヤのお肉は、山の中の山肉加工所にて加工されています。
遠山ジンギスは昔は遠山郷の山里で飼われていた山羊や羊を使って作られていましたが、現在はオーストラリアの信頼できる牧場主が育てた羊を使用しています。
そして信州遠山郷、南アルプスのふもとの山肉加工所にて製造。スズキヤの厳格な品質安全管理のもと、まじめな地元スタッフが清潔な工場内で独自製法のたれをしみこませて、真空パックにして、クール便にて直接出荷しています。

こんな工場でまごころこめて
作られています

肉のスズキヤ動画サイトでは、工場見学などを紹介していきます。どんな工場で作られているかをご覧ください
肉のスズキヤ動画サイト
肉のスズキヤは遠山郷にあるお肉屋さんです 
山の自然と、遠山の衆の人情豊かな暮らしに根付いた場所に創業して50年の肉屋です。
遠山ジンギスの他に、猪・熊・鹿などの野生肉や特殊な肉とされているヤギや羊の肉は、くせがあって食べにくい…が、一般的なイメージです。
それを「美味しくて個性的でやみつきになるお肉」として「信州の山の肉」を提供しています。
 
パワーみなぎる猪突猛進鍋
料理研究家・冬木れいさん
つくって楽しい、食べておいしい『お取り寄せ』に掲載されました

(本文より)南アルプスの山麓・南信濃村(現在は飯田市南信濃)は山深く空高い、日本の美しい秘境そのままのところだ。
そこにはおいしい「猪鍋」が健在で、「スズキヤ」さんという素晴らしい猪肉を売ってくれるお店がある。(中略)
私のおすすめは、やはり「猪鍋」。合わせ味噌と強めのだしのスープで、猪肉、ゴボウ、大根、にんじん、白菜、きのこもどっさり一緒にぐつぐつ煮ていく鍋。
生姜汁も少々、参照をふっても、卵で食べてもいい。パワーみなぎる猪突猛進鍋だ。

週刊新潮「いのちの『食』訪問」

週刊新潮2000年5月から週刊新潮に、塩田丸男さんが、『いのちの「食」訪問』を連載されていました。
2002年10月に、スズキヤを訪問。遠山の猪肉は当然だ けど、我店がふさわしいかとも思いましたが、猟師さんと共に、貴重な時間を過ごせました。
塩田先生は、その時は79歳でしたが、 とてもオチャメな方。スズキヤのホームページが気に入って、取材を決めてくれたそうです。
詳しくは週刊新潮「いのちの食訪問」のページをご覧ください

 

ジャパーン47chに取材されました
 長野県飯田市日本一急な斜面に集落がある町

http://www.mbs.jp/japan47/backno/110601.shtml
 
<遠山ジンギス・姉妹品の紹介>

遠山ジンギスハイグレード定番 3パック


遠山ぶたじん 国産タイプ


遠山ジンギススタンダード銀印


遠山ジンギス 1kgパック


おひとり様サイズ よりどりセット


遠山ジンギス ハイグレード 定番

 

ラムのジンギス(やわらかラムのジンギスカン)

 

遠山ぶたじん 定番タイプ1ケース(335g×32パック)

 

遠山ジンギススタンダード銀印 3パック

 

遠山とりじん 国産タイプ1ケース(300g×32パック)

 

遠山ぶたじん 定番タイプ


遠山とりじん 定番タイプ

 

 

 

      サイトマップから探す