【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

工場直販・会社概要はこちら
遠山倶楽部はこちら

メインメニュー

山猪の旨み、ネギの味わいで体ほかほか!
信州 猪(しし)ねぎ蕎麦

山猪の旨み、ネギの味わいで、体ほかほか。

 
猪ねぎ蕎麦セット
【猪ねぎ蕎麦セット(2人前)】 
蕎麦用猪肉 蕎麦のつゆに合うようにお肉をスライス。
食べて満足感を感じていただける厚みと大きさ。
比較的、短時間で旨みの出る肉質を厳選。
90g
冷凍安曇野蕎麦

2014年フード30選に選出された冷凍蕎麦

(信越明星株式会社)
1パック
(2人前)
八幡屋磯五郎の七味缶 信州名物の七味。信州人には欠かせない香辛料で、猪肉とも合います。 1缶
 

最近、いろんな試みをしたお蕎麦のメニューが増えています。
蕎麦の魅力や可能性が広がる楽しい試みだと思いますが、
鴨南蛮や、鴨せいろなど、オーソドックスなお肉の蕎麦
「鴨肉のそば」にも、 独自色が出てきています。
最近、そばにたっぷりのお肉をつかった「肉蕎麦」も、
お蕎麦のファンに受けていて、流行の兆しが。
蕎麦のヘルシーさと、お肉の食べ応えで
高い満足感が得られるのが、 「肉蕎麦」なのですが、
猪肉を使えば、野趣あふれる「ご馳走」肉蕎麦にも。

手間をかけずに、簡単に、ご馳走お蕎麦のできあがり。
猪肉の脂がつゆにとけ込んで旨い!

お蕎麦の定番メニュー「鴨南蛮」のようなイメージで、猪肉の入ったごちそうお蕎麦「猪ねぎ蕎麦」をどうぞ!!

蕎麦つゆや、麺、ネギとの相性抜群で、食べ応えのある一品となりました。

オマケもすごい!信州善光寺名物の
美味しい七味と言えば
あの「八幡屋磯五郎」
4月4日は猪肉の日記念の
七味缶が出ちゃいました!!
 

猪肉がいちだんと美味しくなる
信州名物の七味唐辛子付き!

発売を記念して、信州人なら家庭にひとつ必ず常備、
信州蕎麦には欠かせない日本三大香辛料のひとつ、
八幡屋磯五郎の七味缶もセットに!

缶のフタは、猪肉の日制定を記念して作った、
オリジナルデザインです。

ネギだけご用意ください!猪ねぎ蕎麦(2人分)の作り方

※お蕎麦の袋に書いてあるレシピで作っても良いですが、スズキヤで若干アレンジしたレシピです。

@沸騰する分を考慮して、少し多めに水(400ccくらい)を入れます。

A冷凍蕎麦に付属のつゆ2袋を入れ煮立てます。

B猪肉90gをほぐしながら入れ、沸騰したらアクをとりながら、脂が透明になるまで煮込みます。

C味見をして物足りなければ、別添えのもう1袋のつゆを加減しながら入れます。

D最後にネギをいれてさっと煮込む(網焼きしたネギをのせても良いです)

E冷凍の蕎麦は茹でてあるので、直接煮汁に入れて、ほぐれたらできあがり!(煮すぎるとのびてしまいます)
お好みで七味をかけて、お召し上がり下さい

猪ねぎ蕎麦セット
 
 
 
 

【お肉の業務用お問い合せ窓口はこちら】 美味しいお肉、珍しいお肉をお探しの業者様、料理店様、お気軽にご相談ください。ご希望に応じて、最適にカット、梱包して発送いたします。お見積もりもお気軽にどうぞ。

肉のスズキヤと山肉加工所についてご案内します
肉のスズキヤ店舗と山肉加工所
スズキヤは和田宿の町並みの中心にあります。車がやっとすれ違えるほどの細い街道ですが、のんびり散歩すると、いろんな発見があります。近くにお越しの際はぜひスズキヤへお立ち寄りください。

精肉所

スズキヤのお肉は、山の中の山肉加工所にて加工されています。
遠山ジンギスは昔は遠山郷の山里で飼われていた山羊や羊を使って作られていましたが、現在はオーストラリアの信頼できる牧場主が育てた羊を使用しています。
そして信州遠山郷、南アルプスのふもとの山肉加工所にて製造。スズキヤの厳格な品質安全管理のもと、まじめな地元スタッフが清潔な工場内で独自製法のたれをしみこませて、真空パックにして、クール便にて直接出荷しています。

こんな工場でまごころこめて
作られています

肉のスズキヤ動画サイトでは、工場見学などを紹介していきます。どんな工場で作られているかをご覧ください
肉のスズキヤ動画サイト
肉のスズキヤは遠山郷にあるお肉屋さんです 
山の自然と、遠山の衆の人情豊かな暮らしに根付いた場所に創業して50年の肉屋です。
遠山ジンギスの他に、猪・熊・鹿などの野生肉や特殊な肉とされているヤギや羊の肉は、くせがあって食べにくい…が、一般的なイメージです。
それを「美味しくて個性的でやみつきになるお肉」として「信州の山の肉」を提供しています。
 
 

週刊新潮「いのちの『食』訪問」

週刊新潮2000年5月から週刊新潮に、塩田丸男さんが、『いのちの「食」訪問』を連載されていました。
2002年10月に、スズキヤを訪問。遠山の猪肉は当然だ けど、我店がふさわしいかとも思いましたが、猟師さんと共に、貴重な時間を過ごせました。
塩田先生は、その時は79歳でしたが、 とてもオチャメな方。スズキヤのホームページが気に入って、取材を決めてくれたそうです。
詳しくは週刊新潮「いのちの食訪問」のページをご覧ください

 

ジャパーン47chに取材されました
長野県飯田市日本一急な斜面に集落がある町

http://www.mbs.jp/japan47/backno/110601.shtml
 
<遠山ジンギス・姉妹品の紹介>

遠山ジンギスハイグレード定番 3パック


遠山ぶたじん 国産タイプ


遠山ジンギススタンダード銀印


遠山ジンギス 1kgパック


おひとり様サイズ よりどりセット


遠山ジンギス ハイグレード 定番

 

ラムのジンギス(やわらかラムのジンギスカン)

 

遠山ぶたじん 定番タイプ1ケース(335g×32パック)

 

遠山ジンギススタンダード銀印 3パック

 

遠山とりじん 国産タイプ1ケース(300g×32パック)

 

遠山ぶたじん 定番タイプ


遠山とりじん 定番タイプ

 

 

 

      サイトマップから探す