【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

工場直販・会社概要はこちら
遠山倶楽部はこちら

メインメニュー

肉のスズキヤ店主です

鈴木理店主
信州の南端「遠山郷」は、南アルプスの麓の自然豊かな場所です。
肉のスズキヤ」は2011年に創業55年を迎え、今は2代目となる店主と従業員が一丸となって、伝統の味を守りつつ新しい商品を生み出しています。
この豊かな自然の中から、遠山郷の味「遠山ジンギス」など当店自慢の商品や美味しいお肉・珍しいお肉を、山の暮らしに密着した食文化と共に届けします。

(二代目/鈴木理)

>店主 鈴木理の部屋
>肉屋の女房の部屋
>お客様担当:ごっちゃプロフィール
>スタッフ:はるちゃんプロフィール

【お肉の業務用お問い合せ窓口はこちら】 美味しいお肉、珍しいお肉をお探しの業者様、料理店様、お気軽にご相談ください。ご希望に応じて、最適にカット、梱包して発送いたします。お見積もりもお気軽にどうぞ。
TEL:0260-34-2222
営業時間:8:00-18:00
(お電話の対応8:00-17:00)
>お問い合せフォーム

レビューはそれぞれの商品ページへ行ってから、「レビューを投稿する」ボタンを押してください。(ログイン後でないと表示されません)

二次元コード

二次元コード

携帯サイトはこちらから

遠山郷の猟師の存在意義

猟師と駆除された鹿
猟師と駆除された鹿
今、野生獣が山や田舎を守る人々の生活を圧迫しています。増えすぎて、山峡の地を耕作する農家や林家に獣害をもたらし、時には人に直接危害を加えてしまいます。
狩猟で駆除できなくなれば、困り果てた人が、毒物を散布する場合もあり、その屍は山に捨てられるだけです。乱獲や興味本位のハンティングは規制しなくてはいけませんが、絶滅させた日本オオカミに代わって、人間が間引くことは、山と野生獣を守る重要な仕事の一つです。人が自然と関わりを持って共存する以上、狩猟は必要で、猟師は山に暮らす人々から感謝されている職業です。
駆除した野生獣を有効利用し、経済価値を付けないと猟師という仕事も続けられません。遠山では古くから、猟の獲物が重要な食料であり、労働の対価です。
猟師より持ち込まれた猪
猟師より持ち込まれた猪
 
月の輪熊
月の輪熊
 
和田の町並
和田の町並
 
盛平山と和田宿
盛平山と和田宿
 
空から見た和田宿
空から見た和田宿
 
山の斜面にある遠山郷の民家 (手前はイノシシの皮)
山の斜面にある遠山郷の民家
(手前はイノシシの皮)

 

 

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計

山肉加工所

メルマガ登録

売れ筋ランキング

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

20173
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
20174
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 今日    定休日    休業日