【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

カートを見る ログイン/ログアウト
山肉製造所工場直販はこちら
お客様サポート電話番号 お支払方法
スタッフブログはこちら
商品名で検索

商品カテゴリ一覧 > 肉屋のまかない > 羊のスジ肉3パックセット

羊のスジ肉3パックセット
羊のスジ肉3パックセット

濃旨スジ肉・若旦那のまかない飯羊のスジ肉3パックセット

商品番号 1307

当店特別価格710円(税込)

[7ポイント進呈 ]

内容量
数量
お届けした商品に内容の相違・破損・汚損などがございましたら交換いたしますのでお受け取り日にお電話でご連絡ください。
クール便でお届けします
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

産地:オーストラリア産 賞味期限:−15℃以下冷凍で出荷より90日

羊の背骨についているスジです。
一度、煮こぼしたり圧力鍋を活用してカレーや煮込みにすると
美味しくてパワーが出ます。

マトンスジで、身体喜ぶお料理をぜひお楽しみくださいませ。

マトンスジレシピ

マトンのスジ肉を使ったシチュー(熊次郎ブログ)
https://www.jingisu.com/recipe/11022.html

マトンのスジを30分くらいコトコト煮て少し柔らかくしてから作りました。
それ以外は普段通りの具材(タマネギ、ニンジン、キノコなど)で。
ルーも市販のもの(デミグラスソースのシチューの素を使用)

スジの旨味がギッシリ詰まったマトンシチュー!

お肉のゴロゴロした感じが半端なく美味し〜い!!
一般的に『スジ肉』というと薄っぺらくて、固いという印象を持ちがちですが、
確かに煮込まないと固いのですが、肉も多くついていて噛むほどに旨味があふれてきます。

このサイズでスジ肉というのが何ともお得感満載です。

そして、煮込むことで柔らかくなり、良い歯ごたえに。
プルンとしたコラーゲンもよい食感になります。

スジ肉、一度食べたらハマっちゃうかもしれません。

スズキヤの羊スジ肉でユーラシア大陸的煮込み料理 + 北アフリカのエッセンスでクスクス

【材料】
マトンのスジ450g
タマネギ2個、ニンジン2本、ハクサイ8分の1
(たまたま残っていたので今回使ったが、キャベツでもレタスでも可。なくても可)、
ニンニク2〜3カケラ、香菜少々・調味料・スパイス類・ブイヨン・キューブ4個/コンソメ少々/
クミン・コリアンダー
ガラムマサラ
コショウ.........各適量
ハリサ(アリッサとも)どっさり
バター大さじ1ハイ分くらい
砂糖ほんの少々


【作り方】
1.圧力鍋で羊のスジを煮る。40分かけてスジ肉を揉みほぐす。一度煮こぼす。その間に野菜を切る。
2.オリーブオイルでニンニクを熱して、そこにタマネギを入れて炒める。次がニンジン。


3.それから羊のスジ肉、ハクサイ、そして最後に完熟トマトのカットを加えて炒める。
ホールトマトでも可400cc缶を2缶、合計800cc分使う。
前述のスパイス類、調味料を順次投入して行く。好みで味を整えていく。


4.さらに酒を大量に入れて、また煮込む。圧力鍋で加圧40分、鍋で煮込むこと1時間。
圧力鍋でクタクタにされたスジ肉が、今度は普通の鍋で煮込まれエキスをグングン浸みこませて、トロトロでおいしくなる。



調味料などは入れる順番で大した違いは出ない。
ガラムマサラはあまりたくさん入れない方がよい(でないと、カレーのようになってしまう)。
塩辛くなるので、コンソメの入れ過ぎは禁物。あとは好みで整えてください。

※おちゃさんのブログから抜粋させていただきました!

ぜひ、みなさまもお試しくださいませ。

南信濃遠山郷風トロトロ山カレー

【作り方】
1.まずはマトンのスジ肉を煮こぼす。たくさんアクが出る。


2.そしてスジ肉に圧力をかける。加圧約30分。
3.その間に野菜を準備する。タマネギ2個、ゴボウ2本、タケノコ適量、シメジ1パック。


4.タマネギから炒める。茶色くなるまで。甘みが増す。茹であがったマトンのスジとすべての野菜も加えて炒める。


5.水をひたひたに。さらに酒を入れ、味の素社の「ほんだし」と味噌少量を入れる。そしてじっくり煮込む。


6.お好みのカレールーを入れ、辛さもペッパー等で好みで調整して、煮込む。

7.完成!

※おちゃさんのブログから抜粋させていただきました!

このカテゴリの売れ筋ベスト5はこれ!


肉の鈴木屋が選ばれる理由

  • 昭和32年、信州の秘境「遠山郷」にて、精肉店として誕生した肉の鈴木屋。総合食肉の製造加工販売一貫メーカーとして「遠山ジンギス」「遠山ジビエ」の2ブランドを中心に、創業以来60余年、伝統の味と技を守り続けています。

  • 肉の鈴木屋はHACCPに準拠した食肉加工施設をもち、温度管理・品質管理の徹底を図り、安全・品質・鮮度の高い、商品をお客様にお届けしています。自社加工工場で加工から味付けまで衛生管理を徹底し、肉の品質や安全性を厳しくチェックしています。

  • 肉の鈴木屋は、肉のプロフェッショナル集団です。目利きから、解体・製造・加工、調理・食べ方の提案、販売まで携わっています。だからこそ、肉屋としての覚悟や使命感が生まれ、お肉への愛情、お客様への思いは人一倍であると自負しています。

鈴木屋物語