【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

カートを見る ログイン/ログアウト
山肉製造所工場直販はこちら
お客様サポート電話番号 お支払方法
スタッフブログはこちら
商品名で検索

商品カテゴリ一覧 > まとめ買い > 遠山ジンギスハイグレード おひとり様サイズ20パック

遠山ジンギスハイグレード おひとり様サイズ20パック

遠山ジンギスハイグレード おひとり様サイズ20パック

商品番号 1330

当店特別価格4,400円(税込)

[44ポイント進呈 ]

内容量
数量
お届けした商品に内容の相違・破損・汚損などがございましたら交換いたしますのでお受け取り日にお電話でご連絡ください。
クール便でお届けします
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

産地:オーストラリア産 賞味期限:−15℃以下冷凍で出荷より90日

健康に気を使うならお肉は羊、羊肉の中でもマトン!

羊肉には、L−カルニチンと言う脂肪燃焼が期待できる成分が
豊富に含まれているのでダイエットに適した食材なんですよ。
(カルニチン含有量:豚肉100g中、19mgなのに対し、ラム80〜100mg、マトン200mg
健康に気を使うならお肉は羊、羊のなかでもマトン、
やわらかさ重視ならハイグレード!!

夏こそジンギスカンBBQ!!で夏バテしない元気な身体作りを!!

朝ジンなら、野菜と一緒で朝からしっかり食べられます。

ジンギスを炒めておいてお好みの野菜とご一緒にどうぞ!

サラダジンギスもスズキヤのオススメです。

野菜たっぷりで身体喜ぶメニューです。
たくさん食べても胃にもたれない遠山ジンギス「銀印」は、
ビタミンB12、胃腸病や皮膚炎を防ぐナイアシン、
老化の予防や発ガン抑制効果のあるビタミンEがいっぱい。

マトンの背肉を主原料に使ったやわらかいジンギスカン

遠山ジンギススタンダードはマトンのモモ肉、遠山ジンギスハイグレードはマトンの背肉を主に使っています。
肉の肌目が違うので、タレは同じでも風味が変わってきます。
体を温め強精効果もあるので、羊肉は北海道と信州では一般的な食肉です。
全国の消費量の80%近くは、この二地域で占めます。それぞれの 風土と作り手の考えで、異なる特徴が出てきます。

ジンギスカンの美味しい食べ方

スズキヤのジンギスカンは、タレは揉み込んで少な目で、強火で焼くといった感じです。網で炭火焼きにするのが最高です。竹串に刺してヤキトリ風に焼くとまた違った風味になります。
遠山ジンギス鉄板やホットプレートで焼くときは、野菜や他の肉と混ぜ合わせにしないことと、こまめに鉄板を拭くことがポイントです。

焼くだけでも十分おいしいですが、片栗粉をまぶして唐揚げにしてもokで刻んだピーマンと一緒に天ぷらも評判がいいです。

ヤンユックジャン(羊肉醤)クッパ

【材料】
ハクサイの葉数枚、ニラ半束、ニンジン半本、長ネギ半本、豆つきもやし1袋、ニンニク2かけ、ショウガ少々。野菜は食べやすい大きさ形に切り、ニンニク、ショウガはみじん切り。ごはんを1.25合

【作り方】
@中華鍋でジンギス・ハイグレード1袋全部を軽く炒める。
Aそして放置する。
B同じ中華鍋でそのまま大量のゴマ油を用いて、ニンニクとショウガを熱してから、全部の野菜を投入して炒める。
C調味量と水を混ぜ合わせる。
水800cc、酒150cc、醤油大さじ1杯、コチュジャン大さじ3杯、豆板醤各自好きなだけ(私なら大さじ2杯くらい)、鶏ガラスープの素大さじ2杯。
D混ぜ合わせた液体の中で野菜を煮る。野菜だけをまずは弱火で10分弱。
Eそこへすでに焼いてあるジンギス・ハイグレードを入れる。
F丼内でごはんと合体すれば、完成


おちゃさんのブログから転載させていただきました!!

おちゃさんのブログはこちら

このカテゴリの売れ筋ベスト5はこれ!


肉の鈴木屋が選ばれる理由

  • 昭和32年、信州の秘境「遠山郷」にて、精肉店として誕生した肉の鈴木屋。総合食肉の製造加工販売一貫メーカーとして「遠山ジンギス」「遠山ジビエ」の2ブランドを中心に、創業以来60余年、伝統の味と技を守り続けています。

  • 肉の鈴木屋はHACCPに準拠した食肉加工施設をもち、温度管理・品質管理の徹底を図り、安全・品質・鮮度の高い、商品をお客様にお届けしています。自社加工工場で加工から味付けまで衛生管理を徹底し、肉の品質や安全性を厳しくチェックしています。

  • 肉の鈴木屋は、肉のプロフェッショナル集団です。目利きから、解体・製造・加工、調理・食べ方の提案、販売まで携わっています。だからこそ、肉屋としての覚悟や使命感が生まれ、お肉への愛情、お客様への思いは人一倍であると自負しています。

鈴木屋物語