【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

カートを見る ログイン/ログアウト
山肉製造所工場直販はこちら
お客様サポート電話番号 お支払方法
下栗の里遠山倶楽部はこちら
商品名で検索

焼肉とお鍋が同時に楽しめる!野菜たっぷり、スープが美味しい!

鈴木屋特製焼鍋(スズキヤオリジナル)焼鍋奉行

「焼鍋」は、アジアの健康焼鍋。
「あたらしい卓上調理器」で美味しく楽しく健康に!

網焼奉行とスズキヤおすすめのお肉をセットで販売中!

焼鍋奉行 遠山ジンギスセット 焼鍋奉行 遠山郷の薬喰い猪肉セット 焼鍋奉行 猪鹿鳥セット

セット内容
鍋焼奉行 1台
国産ぶたじん×1
鶏スジミンチ×1

セット内容 焼鍋奉行 1台
猪肉上肉スライス200g×1
猪の味付肉 猪ジンギス200g×1
猪の酒粕味噌焼き200g×1

セット内容 鍋焼奉行 1台
猪ジンギス×1(味付)
鹿ジンギス×1(味付)
うずら(4羽入)×1(味なし)
7,000円(税込)
購入する
8,000円(税込)
購入する
9,000円(税込)
購入する
猪の酒粕味噌焼(単品・お肉のみ) 焼鍋奉行(単品・お鍋のみ) 鶏スジミンチ(単品・お肉のみ)

当店独自に調合した漬け込み用の酒粕味噌は、 猪肉の旨味をさらに味わい深く熟成させています。1パック200g

単品、お鍋のみの場合はこちらから購入いただけます。
直径約30センチ

コリコリ歯ごたえのある鶏スジですがミンチにしてみました。 丸めるだけでそのまま肉団子にできるので簡単に作ることができます。1パック300g
1,700円(税込)
購入する
5,500円(税込)
購入する
500円(税込)
購入する

焼鍋奉行3大特徴

  1. ハイブリッドに焼肉とお鍋が同時に食べられる。簡単ヘルシーでお腹大満足。
  2. 肉の旨みと野菜の旨み、ダシの旨みが溶け合うスープはやみつきの旨さ。
  3. 組み合わせ無限大。焼くものとスープのコラボで美味しさと楽しさも無限大。

遠赤外線萬古焼―鈴木屋特製焼鍋・焼鍋奉行5つの秘密

今までありそうでなかった?焼肉とお鍋が同時にできる!ハイブリッド鍋。
このお鍋なら!なんと!!焼肉とお鍋が同時に楽しめます。

遠赤外線でふっくらジューシーな焼肉を楽しみながら下のスープだまりでお鍋ができる優れもの。
焼肉の肉汁がスープだまりへ滴り落ちて肉の旨味出汁たっぷりのお鍋を堪能できます。
「最後の一滴まで旨いっ!!」のです。

  • (1)焼く時、比較的煙が少ない!

    比較的煙が少ないので、お家での焼肉とお鍋が気軽に楽しめる!

    通常のお鍋ほど周りが熱くなりにくいのでお子さんのいる家庭でも活躍しそう!

  • (2)遠赤外線の効果でムラなく美味しく!

    遠赤外線効果の耐熱焼台 耐熱性抜群の陶器から遠赤外線が出ます。

    火力を出すための空気孔がポイント

  • (3)水蒸気効果でお肉しっとり。

    水蒸気効果でお肉しっとり、旨み倍増。濃厚な旨みがギュ! 水を入れて使用するため、しっとり焼ける!

    焼いたお肉から旨みがスープへ 流れるスリット

  • 4.使い方・持ち運び簡単!

    使い方・持ち運び簡単!面倒な準備はなし! 焼鍋奉行とカセットコンロがあればすぐできる!

    直火かガスコンロとの相性抜群。 土鍋と同じくらい取扱い簡単!

  • (5)使用後のお手入れラクラク! ゴシゴシ丸洗いできます。

    使用後のお手入れラクラク! ゴシゴシ丸洗いできます。

    *焦げ対策: 少し油を塗っておいて、しばらく放置。焦げをやわらかくしておいて、捨てるような割りばしで  スリットに沿ってこそげると、スーっとキレイになります。

こんなときに大活躍!

<焼鍋奉行>は焼肉とお鍋(スープ、しゃぶしゃぶもOK)が同時に楽しめるだけあって、 焼台の面積は少ないので、人数が多い場合はオードブルや他のお料理もあると、 さらに盛り上がって楽しめます。

2~3人でおしゃべりも楽しみながら、お酒や会を楽しむには最適な量かと思います。

寒い時期はもちろん、暑い時期でも、身体の芯を冷やさないのが大事です。 肉のスズキヤの焼鍋奉行で芯から温まり、身体が喜ぶ食材で健康になるお手伝いができますように。

図解 焼鍋奉行(やきなべぶぎょう)

美し国炎の器・三重県四日市の地場産技術「耐熱の元祖・萬古焼」を採用! 萬古焼の特徴は、耐熱性に特にすぐれ、ガスレンジや炭火等の空焚きや直火に対しても、 高度の耐久性を発揮します。割れにくい耐熱陶器として、半永久的に使用可能な萬古焼。 使えば使うほど、愛着も増し、それに伴って光沢が増します。

焼鍋奉行の使い方はこんなに簡単!

【ご使用前に】 ①焼台に油をぬって、焼台を熱します。 ②スープだまりにお米の研ぎ汁や水溶き片栗粉を入れ、軽く煮立ててその湯を一度捨ててからお使い下さい。

  • ①切り野菜を(スープ・鍋用)用意する。
    ガスコンロの用意。火加減の調整が出来るのでガスコンロが最適。(炭は火の伝導が弱いです。)IH では使用できません。焼鍋の焼台に少々油を塗ります。
  • ②焼鍋のスープだまりに出汁をはります。 おすすめの出汁
    ・猪肉セット→鶏がらスープ
    ・遠山ジンギスセット→鶏がらスープ (鶏スジみんちをつくねにして具材に)
    ・猪鹿鳥セット→塩・酒(好みで昆布出汁)
    ・2回目は味噌、醤油を入れて猟師風に
  • ③火をつけて鍋を熱する。
    鍋(スープ)の具材の火の通りにくいものから入れる。 
  • ④焼台が熱くなってきたら、焼肉から楽しむ。
    (ポイント!セットの場合、味の付いていないお肉から焼くのがおすすめ!味付きは焼台が焦げやすい。→その場合焼台にスープをかけるのもOK。)
  • ⑤焼肉を楽しみながら、出汁が沸騰してきたら他の具材も入れて、味を整えながら、れんげでそれぞれ取り分けて鍋(スープ)も一緒に楽しむ。
  • ⑥鍋(スープ)の汁が少なくなってきたら、その都度、お好みで出汁かスープ、または具材(お鍋の定番野菜から、根菜類もお好みで)を足していく。
  • ⑦〆にはスープだまりにフォーやうどん、味付けによってはクッパ風やぞうすいにするのもおすすめです。
  • ⑧しっかり楽しんだら、後片付けも簡単! 焼鍋奉行はゴシゴシ洗えます。上の焼台は、油を染み込ませたペーパーで焦げ付きをふやかしておいて、いらない割り箸でこすると焦げが落ちます。

【ご使用後】ご使用後はよく洗って充分乾燥して収納して下さい。

網焼奉行とスズキヤおすすめのお肉をセットで販売中!

焼鍋奉行 遠山ジンギスセット 焼鍋奉行 遠山郷の薬喰い猪肉セット 焼鍋奉行 猪鹿鳥セット

セット内容
鍋焼奉行 1台
国産ぶたじん×1
鶏スジミンチ×1

セット内容 焼鍋奉行 1台
猪肉上肉スライス200g×1
猪の味付肉 猪ジンギス200g×1
猪の酒粕味噌焼き200g×1

セット内容 鍋焼奉行 1台
猪ジンギス×1(味付)
鹿ジンギス×1(味付)
うずら(4羽入)×1(味なし)
7,000円(税込)
購入する
8,000円(税込)
購入する
9,000円(税込)
購入する
猪の酒粕味噌焼(単品・お肉のみ) 焼鍋奉行(単品・お鍋のみ) 鶏スジミンチ(単品・お肉のみ)

当店独自に調合した漬け込み用の酒粕味噌は、 猪肉の旨味をさらに味わい深く熟成させています。1パック200g

単品、お鍋のみの場合はこちらから購入いただけます。
直径約30センチ

コリコリ歯ごたえのある鶏スジですがミンチにしてみました。 丸めるだけでそのまま肉団子にできるので簡単に作ることができます。1パック300g
1,700円(税込)
購入する
5,500円(税込)
購入する
500円(税込)
購入する

日本一の長寿県・信州。信州長寿食文化は奥が深い歴史があります。
また、信州はジビエ、山肉の先進地かつ、長い歴史のある地域。 長寿食文化は信州が食材の宝庫であること、珍味(ゲテモノ)も食べる食習慣、 食品加工の知恵に支えられています。
いわば、なんでも食べた伝統で、この雑食が結果的にバランスのとれた食生活となり健康に寄与しました。

「滋養のある山肉」と「滋養のある食材・スープ」を同時に食することのできる 「遠赤外線萬古焼―鈴木屋特製焼鍋・鍋焼奉行」は、 「医食同源・薬喰い」を家庭で比較的簡易に実現できる調理器具です。

滋養あふれる信州の食材、食習慣との組み合わせ(発酵食品や信州の各地地域ならではの食文化)を 模索するとともに、生姜やトウガラシ、クコの実、ニンニク、雑穀など漢方・薬膳の考え方も取り入れて、 新たな食文化の創造に寄与していきたいという、熱い思いからこの焼鍋奉行は誕生しました。

―歴史ある山国遠山郷の薬喰いー
信州の食肉文化を基にした 新たな食の提案・食文化創造のための焼鍋。
「元祖山ごはん」でたのしくおいしく健康に。

 

遠山郷では古くから鹿や猪などが、山村に生きる人々の貴重なタンパク源。
遠山郷での最高のおもてなしが「猪鍋(ぼたん鍋)」であるように、肉はもともと煮て食べる物でした。

「肉は煮て食べる」という食文化に変化が現れたのは昭和の時代。

現在の遠山郷では羊の飼育はされていませんが、昭和28年から35年ころにかけて、 当時の遠山村、木沢村では綿羊飼育が奨励されていました。
最盛期には、村内で150頭近くの綿羊が飼育されていたのです。
しかし、昭和35年頃からその飼育頭数は減少していきました。

創業者である鈴木理孔は当時のことをこんなふうに言っています。
「オレが肉屋を始めた頃(昭和32年)、木沢村じゃ農協が音頭をとって、 ホームスパン(羊毛をそのまま染め、手つむぎして織った素朴な織物)用の綿羊の飼育を奨励してた。
ところがだんだん羊毛が売れなくなって、オレんところにも『肉として売れないか』って話が来たんだな。 戦時中は約1万人も中国や朝鮮の人が遠山に働きに来ていたんだ。 そんな人たちから、オレは、肉を焼く、ということ、肉に味を付けるということを教わったんだよ。
それが遠山ジンギスの最初、原点だな」

綿羊の飼育は昭和35年から下火となり、昭和40年頃までに遠山から完全に姿を消してしまいました。
しかしその一方で、ジンギス、肉を焼く食文化は確実に村に浸透していきました。
今では考えられませんが「肉は煮て食べる物」という食文化から、 「肉を焼いて食べる」という食文化への変化は、歴史的転換、相当大きな変化だったと思います。

現在、お肉をおいしく食べるには、煮る、焼く、茹でる、炒める、揚げる、蒸す、、、 様々な方法がありますが、「煮る、焼く」は、お肉を食べる原点の方法。 遠山郷最高のおもてなし「猪鍋」は「煮る」、食文化の大転換期に生まれた「遠山ジンギス」は「焼く」。
「煮る、焼く」が同時に出来る「焼鍋奉行」でその原点の味を存分に味わっていただけたらと思います。

「煮る、焼く」は、お肉を食べる原点の方法。
遠山郷最高のおもてなし「猪鍋」は「煮る」、食文化の大転換期に生まれた「遠山ジンギス」は「焼く」。
「煮る、焼く」。その原点の味を存分に味わっていただけたらー

試行錯誤、検証を繰り返して皆様のもとへ

「焼鍋奉行」開発までには、世の中にある様々な鍋の研究をしました。
そして、鍋の素材選び、空気孔の位置・カタチ、焼き台の高さ・カーブの角度、スープだまりの幅、など、 いろんな試行錯誤、検証を重ねました。ようやく完成したのが、焼鍋奉行です。
多くのみなさまの元へお届けできるよう、さらに努力を重ねて参ります。

信州の山奥でアジアの食文化の架け橋に

焼鍋奉行の開発にあたっては、3人のキーマンがいました。
もともとこの焼肉&鍋の合体スタイルは東南アジア一帯に広がる食習慣でした。
そのことを教えてくれたのが、タイ出身の我が社の営業スーさん、 カンボジアでボランティア経験のあるネット班の春ちゃん、 オーガニック&エコロジー てくてくの阿部恵子さん。

タイでは「ムーガタ鍋」と言い、 カンボジアでは「コーランプノン」と言い、 ラオスでは「シンダード」という、この東南アジアの食習慣。
教えていただかなければ、この鍋の開発に取り組むことはなかったと思います。
運命だったかも知れません。
教えていただいたことをベースに、スズキヤの経験と知恵を反映させていきました。
いろんなご縁で出来たこの焼肉奉行、大切に育てて行きたいと思います。

東南アジア地域のBBQスタイルと、日本伝統の地場技術。 そして、信州遠山郷鈴木屋のノウハウを反映させた、完全オリジナルの鍋で食文化の架け橋に。

―耐熱の元祖「萬古焼」を採用―

江戸時代に創業、歴史ある萬古焼の窯元「華月」

【歴史ある萬古焼の窯元「華月」の萬古焼を採用】

焼鍋奉行の素材選び。
鉄、アルミ、ステンレス・・・・いろんな素材を検討しましたが、 耐熱の元祖といわれる「萬古焼」を採用することにしました。

美し国炎の器・三重県四日市の地場産技術である、 「耐熱の元祖・萬古焼」は、江戸時代中期に生まれ、 約300年の歴史を持つ優れた伝統技術です。
耐熱性に特にすぐれ、ガスレンジや炭火等の空焚きや直火に対しても、 高度の耐久性を発揮。
割れにくい耐熱陶器として、半永久的に使用可能で、 使えば使うほど、愛着も増し、それに伴って光沢が増す焼物です。

そして数ある窯元さんのなかでも、江戸時代に創業した 歴史ある四日市萬古焼の窯元「華月」さんにお願いすることに。
華月さんは三重県四日市市にて江戸時代に創業。
四日市萬古焼の窯元として歴史有る伝統産業を支えながら、 お客様に楽しんでいただく陶器の製造をモットーとして活動しておられます。

ー家族や友達と食卓を囲むことは  心豊かな社会をつくることに繋がる、とても大切なこと。
その中心に土鍋があったら幸せですー

代表の藤井啓雄氏は、 華月の鍋は単なる調理器具ではなく、 ひとつの文化を伝えるものでありたい、と仰っています。
いま、日本の学校で子ども達は暮らしの術を学ぶ機会がなく、 日本文化に触れることも少ない状況。 それでは心豊かな人は育たないし、真の意味で豊かな社会はやって来ない。
鍋や急須を使って家族で食卓を囲む、 そんなところから文化を取り戻すことができたら、と願っているとのこと。

華月さんの考え方やその姿勢に、山の肉屋としても共鳴。
この焼鍋奉行が心豊かな社会をつくる、ひとつのきっかけになれればと願っています。

家族や友達と食卓を囲むことは心豊かな社会をつくることに繋がる、とても大切なこと。その中心に土鍋があったら幸せです。

■株式会社華月(かげつ) 三重県四日市市にて江戸時代に創業。 四日市萬古焼の窯元として歴史有る伝統産業を支えながら、 お客様に楽しんでいただく陶器の製造をモットーとして活動中。 http://www.donabe.info/ 大正時代からやきものに関わり、戦前は花器や急須、ノベルティを製造。 昭和30年代に耐熱陶器用の土の特許を取得し、質の高い鍋をつくるように。 技術は現在にも継承され、華月の伝統を守り続けています。 *窯元名の「大黒窯」は、比叡山延暦寺にある大黒殿にちなんで住職によって命名。

オールシーズン、楽しい!うれしい!美味しい!

歓送迎会にはおめでたい!馬鹿鍋セットとの組合せがオススメ♪ その他季節折々の楽しみ方がいっぱい!の焼鍋奉行!! オールシーズンうれしい!たのしい!食卓においしさと楽しさを!

  • 3月 春ウズラ焼き+合鴨そばつゆ
  • 4月 馬鹿鍋で鹿焼肉+馬しゃぶ+α馬刺し
  • 5月合鴨焼+とりじんアジアンスープ(フォー)
  • 6月 猪酒かす・ラムグリル+骨汁
  • 7月 ・ヤギ焼肉+ヤギ汁/ジンギス、ニンニク焼+生姜養生スープ、温そうめん
  • 8月 ・カレーなるジンギス+うどん/ ・ビフテキジン+夏野菜スープ&クッパかビビンバ
  • 9月 ・ぶたじん+鶏団子スープ/・鶏皮ジンギス+きのこ鍋
  • 10月 テムチンorとんちゃん+キムチ鍋
  • 11月 鹿ジン・鹿ロースト+アヒージョ(オリーブオイル少なめ)・パスタ(ペペロンチーノ風)
  • 12月 ・とりじんソテー(ラムチョップ)+シチュー/・猪ジン+ぼたん鍋
  • 1月・キジ塩麹焼き+キジ塩鍋・トリモツジンギス+どて煮
  • 2月ラムカツ+チーズフォンヂュ

網焼奉行とスズキヤおすすめのお肉をセットで販売中!

焼鍋奉行 遠山ジンギスセット 焼鍋奉行 遠山郷の薬喰い猪肉セット 焼鍋奉行 猪鹿鳥セット

セット内容
鍋焼奉行 1台
国産ぶたじん×1
鶏スジミンチ×1

セット内容 焼鍋奉行 1台
猪肉上肉スライス200g×1
猪の味付肉 猪ジンギス200g×1
猪の酒粕味噌焼き200g×1

セット内容 鍋焼奉行 1台
猪ジンギス×1(味付)
鹿ジンギス×1(味付)
うずら(4羽入)×1(味なし)
7,000円(税込)
購入する
8,000円(税込)
購入する
9,000円(税込)
購入する
猪の酒粕味噌焼(単品・お肉のみ) 焼鍋奉行(単品・お鍋のみ) 鶏スジミンチ(単品・お肉のみ)

当店独自に調合した漬け込み用の酒粕味噌は、 猪肉の旨味をさらに味わい深く熟成させています。1パック200g

単品、お鍋のみの場合はこちらから購入いただけます。
直径約30センチ

コリコリ歯ごたえのある鶏スジですがミンチにしてみました。 丸めるだけでそのまま肉団子にできるので簡単に作ることができます。1パック300g
1,700円(税込)
購入する
5,500円(税込)
購入する
500円(税込)
購入する
▲Top