【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

カートを見る ログイン/ログアウト
山肉製造所工場直販はこちら
お客様サポート電話番号 お支払方法
スタッフブログはこちら
商品名で検索

商品カテゴリ一覧 > 山肉(猪・鹿・熊・その他狩猟肉) > 猪肉(狩猟) > 猪の骨 下茹済み 700g

猪の骨 下茹済み 700g

猪の骨 下茹済み 700g

商品番号 5401

当店特別価格990円(税込)

[10ポイント進呈 ]

内容量
数量
お届けした商品に内容の相違・破損・汚損などがございましたら交換いたしますのでお受け取り日にお電話でご連絡ください。
クール便でお届けします
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

産地:国産 賞味期限:−15℃以下冷凍で出荷より90日

イノシシの1頭分の骨をバランスよくミックス
スープにすると意外とあっさりしたダシがとれます。
遠山郷では、猟師や肉屋が骨汁にして食べたりラーメンスープに活用します。
<ご注文をお受けしてから下ゆでして真空パックにしますので少々お時間をいただきます。>

猪の骨でダシを取りシシ鍋を作る 


【材料】猪骨、大根、ゴボウ、さといも、しめじ、シシ肉
各種調味料(酒、みりん、醤油、塩、味噌、ごま油、ニンニク、豆板醤)

【作り方】
@猪骨を水にぶっこむ。今回、パスタ用のかなり大きめの鍋を使った。
グツグツグツグツ。どんどん煮詰めちゃいます。
かなりの量のダシが取れるだけの骨がある。煮詰めるとしっかりした味になるぞぉ。
味つけはかなり濃いものにするので、エグさは出ないと思います。

Aあくを取り除きながら、煮詰めて行く。

B材料の下ごしらえ。大根、ゴボウ、さといも、しめじ、そしてシシ肉。

Cついにシシ肉を解凍。

Dその間、骨からとったダシに加えて、普通のシシ鍋に使いそうな調味料と、
いつも自宅でやる鶏とネギの鍋の調味料を合わせて入れて、鍋のベースになるスープを作ってみる。
酒、みりん、醤油、塩、味噌、ごま油、ニンニク、豆板醤。あれこれたくさん加えて。

E調味料や材料を入れてからは約1時間煮詰める。
順番は材料の味の浸みやすさや崩れやすさを考えて。シメジは最後の何分かで十分。

Fトータルで4時間煮詰め、完成。

G最後はご飯を加えておじやも食しました。とても優しい味!最高でした。

おちゃさんのブログから抜粋させていただきました!
猪ガララーメン 

【材料】1パック700g(2人分)
鍋35センチくらい(小さい鍋の時は足し湯をしてください)
麺は市販の乾麺または生麺/塩・かつおダシ(顆粒でもよし)/刻みネギ

【作り方】スズキヤの骨一パックをなべにあけ、鍋いっぱいの水と塩少々を加えて1時間半煮込みます。
お好みで日本酒を入れてください。初め沸騰した際に一度アクをとってください
(小さい鍋の場合、だんだん水分が減ってくるので足し湯をして常にひたひたの状態で煮てください。)
大根とかつおダシを加えてさらに一時間半から2時間半煮込みます。
仕上げに塩をお好みの量入れてスープの完成です 麺を別鍋でゆでておいてスープを入れ、
刻みネギをちらして召し上がってください。お好みで、柚子皮のすりおろしや紅しょうがを入れてください。
遠山の猟師風ほね汁

大きな鍋に骨を一袋入れ、水を4カップ、日本酒1カップを入れて強火で煮ます。
沸いたら中火にして1時間半から2時間半煮ます。
(煮る時間は長く煮るほど肉の骨離れはよくなりますが、肉の味はぬけます。)
アクが出てきたら一度すくってください。足し湯をして常にひたひたの状態で煮てください。
かつおダシ、しょうゆで味をつけ大根、ゴボウ、サトイモを入れて1時間煮る。
斜め切りのネギを入れて醤油か味噌で仕上げてください。厚揚げ、スイトンを加えても美味。

 

このカテゴリの売れ筋ベスト5はこれ!


肉の鈴木屋が選ばれる理由

  • 昭和32年、信州の秘境「遠山郷」にて、精肉店として誕生した肉の鈴木屋。総合食肉の製造加工販売一貫メーカーとして「遠山ジンギス」「遠山ジビエ」の2ブランドを中心に、創業以来60余年、伝統の味と技を守り続けています。

  • 肉の鈴木屋はHACCPに準拠した食肉加工施設をもち、温度管理・品質管理の徹底を図り、安全・品質・鮮度の高い、商品をお客様にお届けしています。自社加工工場で加工から味付けまで衛生管理を徹底し、肉の品質や安全性を厳しくチェックしています。

  • 肉の鈴木屋は、肉のプロフェッショナル集団です。目利きから、解体・製造・加工、調理・食べ方の提案、販売まで携わっています。だからこそ、肉屋としての覚悟や使命感が生まれ、お肉への愛情、お客様への思いは人一倍であると自負しています。

鈴木屋物語