{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
  1. HOME
  2. 羊肉(マトン・ラム)
  3. ラム肉
  4. ラムラック(骨付ラムカタロース)390~450g
  1. HOME
  2. 今週のオススメ
  3. ラムラック(骨付ラムカタロース)390~450g

ブロックのままでも、切り分けてラムチョップでも使える!ラムショルダーラック ラムラック(骨付ラムカタロース)390~450g

商品番号 1149
クール便でお届け
定価 ¥ 2,400 のところ
当店特別価格 ¥ 1,980 税込
[ 20 ポイント進呈 ]

産地:ニュージーランド産 賞味期限:-15℃以下冷凍で出荷より90日

骨付きのラムカタロースをそのまま豪快にブロックでの提供になります!

ラムチョップが4本分ついたブロックで、
赤身と脂身のバランスが良く、ジューシーな食べ応えのある部位です。
豪快にそのままブロックのまま調理しても、
骨の間から切り離してラムチョップにしてもお使いいただけます!

ブロックのまま、塩コショウやハーブソルトなどお好みの味付けをして、
グリルでシンプルに焼くと素材の美味しさをお楽しみいただけます。

室温に戻してからの調理をおすすめします。

BBQでもインパクト満点間違いなしです!
ワイルドにガブッと頬張ってお召し上がりください!


ラムの旨みが詰まった煮込み料理、プチ贅沢なおうちご飯にぜひお楽しみくださいませ。

スタッフ流のレシピ

【オーブン焼き】

解凍して、ハーブソルトをまぶして、室温で30分くらい置きます。
夏場やもっとおきたい方は、冷蔵庫へをお勧めします。

やはり、ブロックは室温に戻してからが焼き上がりがいいと思います。

フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて両面の表面に焦げ目がつくくらい
焼きます。

そのあと、170℃に余熱したオーブンにニンニクと共に10分加熱。

そのあと、もう少し野菜を入れて7~10分加熱。

加熱後切ってお好みのソースで食べたい方はこのまま余熱(又はアルミ箔をまいて)で少し
置いてお好みの火の通り加減になったら、切り分けて食べていただけます!!
豪快にラムラック!味わってください!

このジューシー感!肉汁滴る感じはブロックならではのもの!

ただ、私は欲張って、煮込み系も味わいたかったので余熱放置せず
4本に切り離して、2品に使いました。

 

2本はフライパンで軽く焼き色を付けてバルサミコ酢をかけて1皿。

ラム肉の旨味をしっかり楽しみたい方は、ハーブソルト、ニンニクの味付でシンプルにどうぞ。

もっとコクを出したい方は、バルサミコ酢、バター、はちみつ、お醤油少々を入れて
煮詰めたソースもおすすめです。

手切りの肉厚なラムチョップです。

表面がカリッとしていて、中は肉厚ジューシーなラム肉!
ブロックだからでしょうか。いつものラムチョップもくせが少ないのですが
それよりもクセが少なく、ラムの香りを十分に楽しめると思います。

【アリコムトン】

伝説の家政婦志麻さんのレシピ!を真似てみました。

https://awesome-style.com/2020/09/11/post-62830/

ラムの肉汁を使って、野菜を炒めてしんなりしてきたら、ミックスビーンズ缶、
コンソメ1粒、水200CC、トマト缶を入れて水分が少なくなるまで煮込みます。
(白いんげんの水煮の代わりにミックスビーンズを使いました。)

耐熱皿に残りのラムチョップ、煮込んだトマトソースをかけて、その上にパン粉、オリーブオイルを
少々かけて、オーブンで7.8分加熱すれば、できあがり!
お好みで加熱時間は調節されてくださいませ。

ラム肉は、さらに加熱されてほろっとさらに柔らかく、でも旨味はそのままです!そればかりか、

トマトソースやお豆にもラム肉の凝縮した旨味がしみこんで、たまらないんです。

ラム好きには、1度は試していただきたいお料理です。

おうちでプチ贅沢♪おうちご飯!こんなラムラックがあったら、

おうちレストランに変身してしまうかもしれません。

イベントごとにもぴったり!!

おうちでゆっくり過ごすときの食卓に!
ちょっとひと手間かけた美味しいお料理を味わっていただけたらと思います。

お客様より、ラムラックを使ってお楽しみいただきました!

ラムラックのオーブン焼き。ラムチョップのカツも!(熊次郎ブログ)
https://www.jingisu.com/recipe/23148.html

今回、購入させて頂いた中から「ラムラック」を調理しましたので
その画像をお届けさせて頂きます。

ラムラック全体にしっかりにんにく・ハーブ・スパイスを効かせて焼き上げました。

ソースには「トリュフソース」と、「マーマレード」の2種を添えてみました。

又、ラムラックを切り分けた物にフライ衣を付け揚げました。

温め直す時は、全体をアルミホイルで包み加熱したので、
仕上がりは柔らかなままで、美味しく頂けます。


ラムチョップのカツについて、伺ってみましたところ、
「味が付いているので下味を付ける必要も無く、かつとしてフライにすると
違った味わいや食感が楽しめるので
貴店様から購入させて頂いた時には、1度はかつに調理して頂いています。」とのことでした。

さらに、ラムラックはオーブンで焼く前に一度、
炊飯器の早炊きモードで全体に熱を入れるそうです。

「この時には何も加えず早炊きモードでスイッチを入れ出来上がる迄35分程放置です。
スイッチが切れたら、予熱しておいたオーブンに移して20分加熱すると、出来上がりです。」

考えてみると、オーブンでも焼き上がりを確認するのって難しかったりしますよね。
その失敗を少なくするのに効果的だと思いました。

ちなみに、再加熱の場合はアルミホイルに全体を包み、
予熱無しに250℃のオーブンで10分程加熱します。

とコメントをいただきました。