【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

カートを見る ログイン/ログアウト
山肉製造所工場直販はこちら
お客様サポート電話番号 お支払方法
スタッフブログはこちら
商品名で検索

商品カテゴリ一覧 > ジビエ肉(猪・鹿・熊・その他狩猟肉) > 鹿肉(狩猟) > 鹿肉ミガキ(タタキ用)(狩猟)

鹿肉ミガキ(タタキ用)
鹿肉ミガキ(タタキ用)(狩猟)

鹿肉ミガキ(タタキ用)(狩猟)

商品番号 6201

当店特別価格2,310円(税込)

[23ポイント進呈 ]

内容量
数量
お届けした商品に内容の相違・破損・汚損などがございましたら交換いたしますのでお受け取り日にお電話でご連絡ください。
クール便でお届けします
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

産地:国産 賞味期限:−15℃以下冷凍で出荷より90日

遠山郷の腕の良い猟師から仕入れた野生の鹿です。
俗に「タタキ用」と呼ばれるもも肉は、一頭から数キロしかとれない貴重品です。

柔らかくて、クセも少なく昔からの人気商品!
でも、あまり量がとれないので原料のあるときに数量限定での販売になります。

遠山郷では昔から刺身で食べられたお肉ですが 
最近は食あたりの可能性があるので注意するように厚労省の指導があります。

サッと加熱して召し上がってください。
ステーキ、カツにしてもおいしいんです。

お好みのソースをかけてお召し上がりください。

(ブロックの大きさにより2〜3パックに分かれる場合があります)

【鹿肉タタキの作り方】

1.お肉は常温に戻しておき、塩・胡椒などでかるく下味をつけます。

2.フライパンで強火で表面を軽く焼いて、両面に焼目をつけます。

3.フライパンから取り出し、3〜5分、お皿の上などで冷まします。

4.お好みの厚さにカットしてお皿に盛りつけます。
お好みで粒マスタードなどを添えて、お楽しみくださいませ。

鹿は体温が高いので、寄生虫や雑菌がつきにくく、清浄肉と言われています。
タタキ用の鹿は、気温の下がった11月〜2月のものが向いています。
スズキヤでは獲った後の処理にも信頼がある、専属の猟師さんから仕入れます。
衛生的にも気を使って取り扱っていますが、表面を加熱してご利用くださいませ。

新鮮なお肉を柵どりして真空パックしてあります。
鹿タタキ用となるお肉は鹿の肉の部位でもとても小さく、個体差があります。
そのため大きさや重さを同じにはできかねます。
スズキヤではグラムにして250g〜280g、1個〜3個のうちでお届けします。

遠山郷の美味しい鹿肉をお試しくださいませ。

【鹿肉のレシピや調理例】
https://www.jingisu.com/topix/6068.html

こちらもオススメです!

ローストジビエ(天然鹿肉ロースト)味付・加工済み
https://www.jingisu.com/fs/suzukiya/6506

馬刺し背肉赤身はこちら
https://www.jingisu.com/fs/suzukiya/8106

このカテゴリの売れ筋ベスト5はこれ!


肉の鈴木屋が選ばれる理由

  • 昭和32年、信州の秘境「遠山郷」にて、精肉店として誕生した肉の鈴木屋。総合食肉の製造加工販売一貫メーカーとして「遠山ジンギス」「遠山ジビエ」の2ブランドを中心に、創業以来60余年、伝統の味と技を守り続けています。

  • 肉の鈴木屋はHACCPに準拠した食肉加工施設をもち、温度管理・品質管理の徹底を図り、安全・品質・鮮度の高い、商品をお客様にお届けしています。自社加工工場で加工から味付けまで衛生管理を徹底し、肉の品質や安全性を厳しくチェックしています。

  • 肉の鈴木屋は、肉のプロフェッショナル集団です。目利きから、解体・製造・加工、調理・食べ方の提案、販売まで携わっています。だからこそ、肉屋としての覚悟や使命感が生まれ、お肉への愛情、お客様への思いは人一倍であると自負しています。

鈴木屋物語