2014年6月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2014年6月のお便り

6月のお便り

 信州遠山郷は、鎌倉時代には「江儀遠山の荘」という地名。

遠山郷の殿様は「遠山の金さん」の親類で、先祖は歌舞伎「暫」で有名な鎌倉権五郎。その遠山氏の菩提寺が龍淵寺で、ウチの店からも、鐘の音が聞こえます。

このお寺には、バンドリ(晩鳥・ムササビ)が5家族くらい住んでいるようです。

青葉の鮮やかなこの時期には、アオバズクというフクロウの仲間も、お寺に来ます。

 さて、先月は孟宗竹のタケノコが豊作で、朝・昼・晩はお茶の時間にも出してくれて、食べ飽きたけど、ハチコウ(淡竹のタケノコ)は、風味も食感も別格だに。

煮物にする時は、親鶏を使う。普通、出回っているトリ肉は、生後50~60日だけど、親鶏は半年~1年。少々かたいけど、味がしっかり出ます。

肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2014年6月のお便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2020 All Rights Reserved.