2022年7月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

2022年7月のお便り

7月のお便り

 

オラは、1960年生まれ。

昔はお肉は時節句(ときせっく)

何かの時しか食べられなくいて、

カレーの具はチクワや魚肉ソーセージ…という友人も多かった。

土用の丑の日は、ウナギではなく肉を食べる日、

という家庭がここ信州遠山郷ではけっこうあった。

牛、馬、ウサギなどウのつく肉は勿論、

鶏肉、豚肉、猪肉、鹿肉ととにかくよく売れた。

ウナギの蒲焼を食べられない人は、

鶏のモモ焼き(ローストチキン)を買いに来てくれて、

今でもクリスマスくらい売れますに。

戻り梅雨の7月でしたが、これから猛暑が続くかもしれません。

少しでも良いので、お肉を食べて下さい。

元気、やる気が出ます。

40年近く肉屋をやっていますので、この夏は「夏ダレ」を復刻させます。

柚子の香り、豆板醤でちょっと辛さも加えて、

付け合わせは千切りキュウリ。そうめんにも合いますに。

オラの両親は、65年前の7月に肉屋を始めたようです。

若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, 若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 若旦那

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2022年7月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】 ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2022 All Rights Reserved.