2016年12月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2016年12月のお便り

12月のお便り

12月の遠山郷に、日本中の神々をお招きして、お湯を献じて、神様との交流の中で生命力を強くするという、火と水と仮面の祭りがあります。ジブリの宮崎監督は、この祭りから、「千と千尋の神隠し」の発想を得たらしい。

遠山氏の直系の方が宮司ですが、和田の霜月祭りの時に、「古式を大切にしなくてはいけないが、祭りを楽しむ、楽しくすることも大切。」と言われたけど、この言葉は私の心にストンと落ちました。

その日は、あいにくの雨。それでも境内に露店が2店開いていたので、「過疎の山の中で、お客も少ないのに、よく来てくれたなー。」と言ったら、「オレ達が来ないと、遠山の人が淋しがるから。」と言ってくれました。

霜月祭りは、神社の内と外で、オラの心を洗ってくれました。お祭りが終わると、日々の猪や鹿や熊の解体や、クリスマス商戦、年末商戦の日常ですので、改めて新年に心を洗います。

肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2016年12月のお便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2019 All Rights Reserved.