2013年6月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2013年6月のお便り

6月のお便り

 子供の頃、巣から落ちたツバメを育てた事がある。粘土で、親ツバメを作って、ヒナに虫を食べさせたなぁー。

学校でも「益鳥」と教えられてたのっで、わが家では、よほど困った所に作らない限り、ツバメの巣は取り払いません。

この数年、近所のツバメが減ったと思っていたら、カラスのバカヤローが、のきなみ、ツバメの巣を襲って、ヒナを食べていた。

親たちが集団でピチピチ鳴いて騒いでも、カラスは平気だった。

日頃、競争の世の中にさらされている身ですが、弱肉強食を目の前にすると、切なくなりますね。

 オラは、弱肉強食よりも、焼肉定食が好き。6月なら、味噌汁の具は、ハチコウ(破竹のタケノコ)で、箸休めはラッキョウのシソ漬けだに。

このラッキョウは塩漬で甘くないから、目もさめます。

ところで、遠山衆は、シソを「ちそ」と呼びますに。

肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2013年6月のお便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2020 All Rights Reserved.