お肉のよもやま話「マザーチキンの薩摩汁」 | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

お肉のよもやま話「マザーチキンの薩摩汁」

恒例のお肉のよもやま話で、「マザーチキンの薩摩汁」を掲載していただきました。

いつも、ありがとうございます。

冬場のみそ味、おいものホロ甘さにほっこりしますね。

お味噌の風味に、気持ちもなんだか安心、あったまって元気が出ます。

そこに、母なる奥深い味わいの出汁がよく出るマザーチキン。

相性抜群です、この時期にぜひ一度ご賞味いただいてはいかがでしょうか。

 

味わい深いといえば、炊き込みご飯にも向いています。

親鶏ならではの、旨味と共にコリっと食感も楽しめます。

実食してくださったリポートさんおすすめの炊き込みご飯も

よろしければお試しください。
マザーチキン

https://www.jingisu.com/fs/suzukiya/chicken/2018

マザーチキンみそ味も開発中!!お楽しみに!

よもやま話の元となった若旦那さんの薩摩汁話。

よろしかったらご覧くださいませ。▼

【薩摩汁】

■日本人の食事に欠かせない「味噌汁」。

入れる具や味噌も地域によって独特のものがあって、

味も辛味や甘味を足したものもありで「郷土汁」と呼ばれます。

各地域の特産物や調味料で作られとって、お祝いお祭り、人生の節目の行事でふるまわれたり、

普段の暮らしの中で、日常的に食べられたり。

野菜、魚介類、お肉はもちろん、団子や麺を入れちゃうところも。

なかなかに奥が深いし、よく考えられた「完全栄養食」だと思う。

 

■料理研究家・土井善晴さんが

「一汁一菜でよいという提案」という本を出されて、話題になったけれど、

一汁一菜=「ご飯+具沢山の味噌汁」でええんやで、と言ってくれてます。

ごはんとみそ汁だけなんて言ったら、手抜きと思われるかもだけど、

一汁一菜は決して手抜きでなくて、素材の持ち味を引き出すにはシンプルな料理がいちばんで、

「家庭料理」は手をかけないことがおいしさにつながるんだって。

 毎日忙しい女房殿も、オラの隣でそうだそうだと言ってます。

 

■今秋長男の小学校で「サツマイモ」がたくさんとれたので、収穫祭をすることになり、

 「薩摩汁」をつくってふるまうことになった。

 薩摩汁は、鶏肉や豚肉などを使う、肉入りの味噌汁で鹿児島県の郷土料理で鹿児島汁とも言う。

 江戸時代の薩摩藩では藩士の士気高揚のため、薩摩鶏による闘鶏が盛んで、

親鶏の骨付き肉と大根、里芋、牛蒡、葱といった季節の野菜と煮て味噌汁にしたのが最初。

その後、肉は、豚や兎、羊肉でもよいとされてきたようで、

 豚汁のルーツにあたるとも言われる具沢山ごちそう汁なんだに。

 遠山氏の菩提寺龍淵寺には、西郷隆盛の従弟西郷直次郎の墓地もあって、

遠山郷で「薩摩汁」なんて意外かもだが、実は縁もある郷土汁なんだぞぉ。

 

■肉屋としては、やはり、薩摩汁のような肉入りの「郷土肉汁」をぜひおすすめしたいに。

 鶏モモ肉や、豚バラ肉を使うのが、手軽でおいしいと思うけど、

たまには、骨付き肉や、親鶏をつかってみるのもいいですに。

「肉入り根菜具沢山系の食べ応えのある汁もの」は、パワフルな完全栄養食。

いろんな組み合わせを楽しんじゃってくろえ。

■ところで、相撲取りが日常的に食べるちゃんこ汁(ちゃんこ鍋)も郷土汁のひとつと言っていいと思う。

栄養バランス抜群だもんで「煎餅を食うならちゃんこを食べろ」と言われるし、

新弟子は、おいしいちゃんこが作れるようになって初めて一人前。

 稽古を十分に積み、体も心も一人前の力士らしくなることを相撲用語で、

「ちゃんこの味が染みてきた」というんだって。

 

■ちゃんこ鍋の「ちゃん」は「親父」の意味もあるらしい。

オラも還暦だで、女房殿に作ってもらってばっかおらっこ、親父の汁物の味を確立せにゃあだなー。

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ  タグ:   投稿者: 鹿之助

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お肉のよもやま話「マザーチキンの薩摩汁」 | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】 ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2021 All Rights Reserved.