2014年12月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2014年12月のお便り

12月のお便り

1箇月は、4週間と2日。

1年は、52週間と1日で、あっという間ですね。

信州長野県では、「お年取り」と言って、大晦日におせちを食べます。

わが家では、油なしのケンチンみたいな汁物(お菜汁)を食べ、年取り酒は、あぶったキジ肉を熱燗に入れてキジ酒。年越しそばは、つゆで猪肉を煮た猪ネギそばと、遠山郷の肉屋らしい献立てです。お隣の天龍村では、ブリ大根ならぬウサギ大根を年取りに食べる風習もあって、ラジオで紹介されました。

 さて信州人は、お茶の時間を大切にして、お茶うけは、漬物だに。独身の頃は、漬物の上手な嫁さんをもらえと言われました。

女衆は、お互いに自家製の漬物をご近所に配って、お茶を飲みながら「人の漬けたのは美味いなー」などと言っとる。

野沢菜やかぶ菜は、霜が降りると美味くなるそうですが、ちなみに山の猪肉も寒くなると、美味しさが増すんです。

肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2014年12月のお便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2020 All Rights Reserved.