【沸騰ワード10】で紹介されたラムチョップでアリコムトン!作ってみました! | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鹿之助【沸騰ワード10】で紹介されたラムチョップでアリコムトン!作ってみました!

【沸騰ワード10】で紹介されたラムチョップでアリコムトン!

ゲストの皆さんが、こんなに柔らかいの!?旨味凝縮で美味しいと絶賛されていたので
食べたくなりまして作ってみました!

なんでも、伝説の家政婦さんのレシピ!志麻さんのレシピが大人気なんだそうです。
アリコムトン!?というフランス料理と聞くだけで難しい!?とおもってしまうのですが、
これが意外と簡単のようです。
レシピはこちらに詳しく出ていますので参考にされてください。
https://rinrinto.com/futto-20200911-3-30340

ラムチョップ、焼いて食べるだけでも十分に美味しいのですが、今回は
焼いた後にトマト缶で煮込んでみます!

そういえば、嵐の番組でもラムチョップが紹介されていました。
ゲストさん、美味しそうに召し上がっていたそうです。
ラム肉も熱いですね!
https://tokyo-cafeblog.com/arashinishiyagare-lumchop/

煮込む前に、野菜も少しラムの脂で炒めておきます。

白いんげんの水煮は、見つけられずミックスビーンズでやってみました。

トマト缶、コンソメ1粒、水は200ccとありましたが、ラムチョップ2本だったので
120ccくらいでやってみました。
水気がなくなるまで、煮詰めます。
その間に、オーブンをちょっと温めておきます。

煮詰めたら耐熱皿に移して、パン粉、オリーブオイルを適宜かけます。

オーブンで10分加熱します。

待っている間に、もう1品、サラダなども作れますね。

10分経ったら完成!いただきます!

お豆とパン粉の間からラムチョップのこの存在感!

ふっくらラムチョップ!

見た目では、ちょっとわかりずらいでしょうか!

でも、食べたらほんとにびっくり!!
やわらか~い!ホロホロで骨回りからほろりととれて
食べれちゃう感じです。

焼くより、断然柔らかい!ちょっと手間はかかりますが
お試しの価値は十分にあります!!

あと、不思議なのは、いつもよりまた更にクセがないのです。
お豆とトマトに旨味が移って凝縮!

だから、お豆もおいしい~
パクパクと手が止まりません!

このおいしさ!ぜひ味わっていただきたいです!!

初めての感じのラムチョップ体験でした!
時間のある時は、こっちを定番にしていきたいなと思います。
クリスマスやイベントごとにもぴったりなお料理です。

ぜひ、お試しくださいませ。
ラムチョップはこちらから▼
https://www.jingisu.com/fs/suzukiya/mutton/1109

 

 

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ  タグ:   投稿者: 鹿之助

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【沸騰ワード10】で紹介されたラムチョップでアリコムトン!作ってみました! ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2020 All Rights Reserved.