2017年3月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2017年3月のお便り

3月のお便り

わが家の近所ではケイチツを待たずに、2月の下旬には羽虫が舞い始めた。例年なら4月に来るツバメも、3月下旬には姿を見せて、今年の春は早いようです。

ここ数年、山肉(やまにく・野生食肉)の事を、ジビエとフランス語で呼ぶ人が増えてますが、オラとしては山肉の方がしっくりする。

また、ポルトガル語のテンプラが和食の天婦羅になった例にならい、時間をかけて精進して、日本の風土や食習慣にマッチしたジビエなり山肉なりを育て、山と食卓、村と都市をつなげたいとも、オラは思いますに。

さて、先月ラム(仔羊肉)のカツを紹介したら、思った以上の反響。

信州人としては、春になるとジンギスカン(羊の焼肉)を食べたくなりますが、この春は、ラムカツでお客さんを笑顔にしてみようかな。

肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年3月のお便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2019 All Rights Reserved.