2002年6月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

2002年6月のお便り

6月のお便り

先月のお便りで、熊ん蜂の遠山での呼び方について書きました。私は「狸ベボ」と呼んでいたが、

北隣りの旦那さんの呼び方は、「垂る木ベボ」-。…当店から南へ7軒目に、物知りの金物屋さんがいます。

その方に聞いたら、「俺もタヌキベボって言っとったぞ。」…もしかして、我家と玉屋(隣の屋号)さんを境に、

北は「タルキベボ」で、南は「タヌキベボ」か?

さて、このお便りで虫やら小鳥の事を書くから、周囲は私の事を、鳥好きの暇な肉屋と思っているかもしれない。

これからの季節よく頼まれます。「ツバメのヒナが落ちとるで、巣に戻してやれよ。」

「ムクドリが壁に挟まっとるで出してやってくれ。」

過疎の村では、いつまでたっても若い衆で…重宝がられているのです。

                                    肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2002年6月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】 ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2020 All Rights Reserved.