2015年2月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2015年2月のお便り

2月のお便り

南信州の熊は、12月の第一週ころに冬眠します。冬眠の最中に出産もするので、冬ごもりの熊猟は自粛します。

猪は年を越すころに発情期に入り、色ボケしてエサよりも、異性を捜すから、やせてしまう。鹿も、雪が深くなるから、1月、2月と日が経つほど、やせてしまいます。

2月15日で、猟期は終わりますが、肉屋の胸が高なって、目を見はる様な山のモノは、やはり11月末から12月末までが多かったです。

ところで、2月は一番寒いし、雪も多いけど、日々日差しが長くなるので、気持ちは和らぎます。「春になったら・・・」という会話も多くなります。

 さて、昔は右肩上がりで良かったと言う。人の口も、財布の数も中身も増え続けたとはいえ、高度成長時代も、世の中や社会の構造は、激変していた。公害はあったし、オイルショックは13才の時で、プラザ合意は30年前だから、オラは見て来た。

54才の男としては、変化に対処対応して、次の世代委が希望を持てる世の中にしたいなー。

肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2015年2月のお便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2019 All Rights Reserved.