2018年4月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2018年4月のお便り

4月のお便り

例年より、1週間も早かった桜。アッという間に咲いて、アッという間に桜吹雪。

信州遠山郷のある飯田市は、日本一焼肉を愛する街で、焼肉屋さんの数も多いけど、アウトドアで焼くのはもっと好き。オラの仲間も、葉桜の下ではありますが、花火焼肉をしました。目玉のひとつは、「さくらジンギス」。馬肉(さくら)を使った味付ジンギスカンで、タレも専用に作ったに。

もうひとつの目宝は、一斗缶。

20年くらい前までの遠山ではPTAや消防団、山仕事の後に、一斗缶を使った焼肉を楽しみました。一斗缶の頭と底を缶切りで開いて、横にした一斗缶の中で火をたいて、カンカンに熱くしてから表面に水をかけて、コーティングを落として、肉を焼きました。

今回これを復活したところ、20~40代は大ハシャギ。60代以上は、「昔は、これだった。」と遠い目をして動かない。50代のオラは指導員。

花はないけど華のある会話と時間を楽しめました。

肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年4月のお便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2019 All Rights Reserved.