2018年2月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2018年2月のお便り

2月のお便り

ウチの会社の新年会で、スタッフの衆が、オラが代表になって11年、ジンギスと山肉の工場を建てて10年だと、お祝いをしてくれて、ちょっと泣けたに。

2008年、工場が完成したらリーマンショックという混乱で、一致団結すべき時にベテランスタッフの三分の二が退職。

・・・仕方がないので、午前2時から一人でジンギスを作ったなー。

売ってくれるはずだった取引先もなくなって、県内、県外を走り回ったなー。

こうやって、お便りを書いとるけど、どうやって乗り切ったか、はっきり思い出せないなー。

今思うのは、良い事も悪い事も、5年は続かない。それから、親子2代で育てたオリジナル商品の底力を信じて、色々、数々やりまくった内の、3パーセントが成果を出してくれた。

商売に運は付きもの、だに。

お客さんのアリガトウを喜びにして、借り入れ金の返済をムチにして、経済の荒海の舵取りもなかなか面白いものです。

この春は、「春のウズラ」を仕掛けてみるかな。

肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年2月のお便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2019 All Rights Reserved.