2002年2月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

2002年2月のお便り

2月のお便り

このお便りは、肉を買ってくれたお客さんへの「おまけ」です。店頭で手渡したら意地悪を言われました。

「もんじゃくって、びちゃーっていいか。(くしゃくしゃに丸めて、捨ててもいい?)」

たまに、こういう人もいるが、多くの方は「決してウマイ文章じゃないけど、いい雰囲気があるに。」と、励ましてくれます。

高校受験の時、重圧から、勉強ができませんでした。家族の手前、机に向かわなくてはいけないので、色んな小説を乱読しました。

毎月悩みながら書けるのは、あの時の乱読と、お客さんに喜んでもらいたい気持ちからだろうな。

団塊の世代の文章力は、全共闘時代のビラ作りからか。そして今の若者は、携帯でしょっちゅうメールしているから、

凄まじい文章力を身につけてしまうかもしれない。世相と技術革新と文化か…。

看板外相の更迭やら、食肉メーカー大手の犯罪やらで、世間は賑やかですね。2月の遠山谷は住んでいる私でさえも、気が遠くなる程、静かです。

                                                肉の鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2002年2月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】 ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2020 All Rights Reserved.