2017年7月お便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

鶉之信(ウズノシン)2017年7月お便り

7月のお便り

ウチの工場は、山まで歩いて1分で、近くでウグイスがさえずる。同じ鳥だと思うが、年々上達して、単なるホーホケキョでなくて、様々なホーホケキョを聞かせてくれて嬉しいけど、土用に入ってもさえずっていると、早く良いメス鳥と出会えますように、と祈ってしまいます、に。

私の父は、戦時中の小学生の頃、朝鮮から来た衆に焼肉を食べさせてもらった時、将来はこの焼き肉か、マッチ工場で身を立てたいと思ったそうです。

成人して、製材所のノコギリの目立をしていたけど、魚屋の看板娘だった母との結婚を機に、マトンの味付け焼肉を看板にした肉屋を始めたのが、60年前の土用の丑の日。

昭和30年代は、お肉は普段食べられず、時節旬、何かの時しか食べれないので、滋養を付ける土用の丑は書き入れ時で、親類中が手伝いに来てくれて、お祭りみたいに賑やかだったなー。

「鶏でジンギスを作ってくろ。」「豚肉で」と、お客さんの要望に応えていたら、9種類の畜種で、31種類のジンギスになりました。毎日ジンギスが食べれますに。

鈴木屋 若旦那

投稿日:   カテゴリ: ▽ブログ, ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年7月お便り ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2019 All Rights Reserved.