2002年1月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】

肉のスズキヤブログトップ

2002年1月のお便り

1月お便り

正月休み、姉が帰省した。甥と姪を連れて。子供達が私に聞きました。

「長野の人は、何で、にーにー言うの。」「そりゃ、伊那谷の方言なんだにー。」

不安で頼れるものがない昨今、「にーにー」でなく「ブーブー」言いたくなります。

地域作りの講演会で聞いた、ある方の言葉を思い出しました。

「あなた方の心の過疎を解消すれば、過疎の村も都になる。道は開ける。」…そうだな。

せめて我々商人が「心の不況」を解消して、新しい商品を作り、喜ばれる何かを求めていかんとなァ。

…と思っていて、目についた。お父さんが500円で買った、「金のなる木」が霜にやられて枯れている。

う~ん。我家では、これが原因だったのか。

ところで、去年12月15日、遠山文部科学大臣が、「遠山の霜月祭り」を見に来られました。

我々は江儀遠山氏の流れですが、大臣のご主人は、岐阜県明智の遠山氏の流れのようです。

                                  肉の鈴木屋 若旦那

 

投稿日:   カテゴリ: ▽若旦那のお便り  タグ:   投稿者: 鶉之信(ウズノシン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2002年1月のお便り | 【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】 ニンニクと信州味噌を隠し味とした秘伝のタレを揉み込んで作るジンギスカン【遠山ジンギス】の肉のスズキヤです

Copyright©【ジンギスカンと天然ジビエ/肉のスズキヤ】,2020 All Rights Reserved.